チャレンジする - 各種のビジネススキル研修 - 専門家プロファイル

下枝 三知与
NPO法人健康福祉実践協会(理事)CST コミュニケーションサポートチーム(代表) 
ビジネススキル講師/カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
田原 洋樹
田原 洋樹
(人材育成コンサルタント)
佐野 由美子
(ビジネススキル講師、マナー講師)
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

閲覧数順 2017年10月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

CSTコミュニケーションサポートチーム代表 下枝三知与です。



昨日カウンセリングした女性は、現在求職中です。


もう応募先は決定し、年内に履歴書を提出することになりました。



昨日は履歴書と職務経歴書の最終チェック。


これまでの分析結果を存分に活用し、自分の強みを出したものを、応募先仕様にしていきました。



今回の応募先は、これまで経験した業種とは全く違う業種の企業です。


しかし彼女(31歳)の本当にやりたかったことは何なのか?


これを徹底的にカウンセリングしました。



未経験の職種にチャレンジすることは、とても勇気がいります。



しかし彼女は、私と会う前から相当、今の自分とその将来について悩んでいたようで・・・


最後には「私は私。ほかの人と違っていいんだ。私はこれから好きなことを仕事にしていきたい。楽しく、やりがいのある仕事がしたい」

そう決意したそうです。


そこから、大学で得た専門知識を活かせて自分がやりたい仕事をと、いろいろ情報収集して、ある仕事先に目をつけ、応募しようかどうか迷っていたところでした。



ですから悩み、苦しんだ時間も相当あって、つらかったと思います。


しかし、その中で彼女が得たものは、とても大きなものだったのです。



何より「自分の心のうちを見つめる時間をとった」こと。


そして、専門家に相談して本心を引き出してもらったことで、多くの気づきがあったこと。


コンサルティングとカウンセリングの両方を受けたこと。



さて、あとは「彼女の熱意と覚悟」しだいです。


それがきちんと相手に伝われば、おそらくOKでしょう。


そう心から願っています。



ガンバって(^_-)-☆