デザイン論 トイレ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

遠藤 浩
遠藤 浩
(建築家)
松永 隆文
松永 隆文
(建築家)
増井 真也
(建築家)

閲覧数順 2020年09月28日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

デザイン論 トイレ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ライフスタイル論
ここ数年、衛生機器メーカーはウォシュレット機能に加え様々な進化をとげています。

一方で、「便所」は汚いイメージがあったり家相において「不浄」に位置づけられているので、プランニング時は居室に比べ軽視されやすい場所になっています。
(階段下や幅・奥行きの狭い場所など)


皆さんはトイレで用を足す時間はどれくらいでしょうか。

障害をお持ちの方や車いす使用者の方は、2〜3時間という方はざらにいらっしゃいます。
トイレも居室扱いで考えないと冬場などの使用時は大変なことになってしまいます。。

せっかく便器がかっこいいデザインが増えてきたので、トイレも過しやすい空間にしたいものです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅までやすらぎの空間を

医者に外科・内科等があるように、建築士に介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?人生100年時代を迎えた今、子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅など終の棲家まで、ライフステージを考えた安心して暮らせる機能的な住まいを一緒に創りましょう

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフスタイル論」のコラム

RC-Z工法 コンクリート打設(2017/09/25 23:09)

宅配ボックスの必要性(2017/07/17 07:07)