自社の10大ニュースは? - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自社の10大ニュースは?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般
今年も残すところ僅かとなりました。

最近は欧米に合わせ12月決算が増えつつあるとも聞きますが、未だ多くの会社の決算期は3月のため、会計年度の締めでもないこの時期は単なる年末年始休み前という感覚でしょうか。
企業のみならずお役所等も3月締めであることから、なおさらのことでしょう。

しかしメディアでは多くの2013年度総括や2014年予測などの報道が、年末年始に行われる習慣があります。メディアによっては、12月の頭位から普段の担当外のテーマを与えられ、年始の別刷り用の新聞記事の取材に大忙しの時期でもあります。

担当記者も自信の担当する業界のまとめ記事も多く書く時期でしょう。
その際、まとめ記事に自社の記事が取り上げられているか否かは重要です。

そのため、この1年間で何があったのかを振り返ってみる。そしてそれを時系列でまとめてみる。加えて業界や一般社会との出来事などとも照らし合わせてみてはいかがでしょうか?

記者が書くであろうまとめ記事の参考にしてもらう。また社長取材につなげるなど可能性が出てきます。

少なくとも将来的に年史などを制作する際の貴重な資料となるでしょう。会社の歴史をきっちりと刻んでいく、後世に残していくのも広報のしごと。後から資料を読み込んで適当にニュース性を判断されるよりは、現時点でどの様なニュース価値があったのかを現担当者が判断していくことは大事だろうと思います。

本来は12月の頭位にできれば理想的な作業ですが、今からでも取り組んでみてはいかがでしょうか?

クリックをお願いします!  










 |  コラム一覧 |