細長い敷地 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

奥村 召司
株式会社空間設計社 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

遠藤 浩
遠藤 浩
(建築家)
松永 隆文
松永 隆文
(建築家)
増井 真也
(建築家)
松永 隆文
(建築家)

閲覧数順 2020年09月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

細長い敷地

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
計画MEMO
ウナギの寝床のような細長い敷地にうまく建物が建つでしょうかと言うご質問をよく頂きますが、勿論「大丈夫!」です。
ちなみに私の自宅も間口4.2M×奥行き8.2Mの立派なウナギさんの敷地。しかもいわゆる典型的狭小。この手の敷地の常套手段としては、両サイドはなるべく敷地いっぱいにメンテナンス不要の壁を持ってきて、内部の空間をどれだけ豊かにするかということになります。町屋の坪庭(光庭)の様な工夫も有効です。それでもたまに本当に細長〜い敷地に出くわすこともあり頭を抱えることもあります。例えば現在計画中の敷地は間口3.4M×奥行き24.2M。しかも敷地の向こうは線路敷きです。でもこういう敷地こそ建築家にとっては意欲が湧くというもの。
勿論、命を懸けてやらせて頂きます(キッパリ)!!