広島ドイツパン「メール」へ - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

広島ドイツパン「メール」へ

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室


広島のドイツパン屋さん「メール」へ。
広島市西区古江東町9-24
http://felderchef.com/mehl/
「B&C(パンニュース社)2014年1-2月号」の巻頭特集「ドイツのパンとお菓子」の取材です。




メール Mehrとはドイツ語で「粉」という意味だそうです。
広島電鉄の「古江」駅から歩いてちょっと。本当の住宅街の中にあります。


カイザーブロートヒェン
胡麻と芥子の実の2種類。とても典型的なドイツのパンです。このパン屋さんは、ドイツ菓子屋さん「フェルダーシェフ」の田頭さんが経営される姉妹店です。この後、お菓子屋さんに併設されているカフェで、「ドイツの朝食」というセットを取材させていただくことになっていて、それは典型的なドイツの朝食なのだそう。それに使われているのが、このブロートヒェン。このお話はまた明日に続きます。


ロジーネブロート(左)は、オーガニックレーズン入りのブドウパン。
切ってみるとびっくりするくらいにレーズンが詰まっています。レーズンだらけ、といってもいいくらい。
食べてまたまたびっくり。「なんで、こんなにおいしいの!」


ひまわりの種のクロワッサン
全粒粉のクロワッサンで、まるで甘みはありません。ひまわりの種が心地よく、でも甘いクロワッサン好きの私には・・・という思いを軽く覆す味なのです。素朴で、味わい深く、なんだかクセになる味です。バター香があとにふわっと残ります。


プレッツェル
むっちりもっちり、独特の風味と食感がなんともおいしいパンです。おやつにご飯に、ピールのおともになのだそう。

続きはまた明日。

このコラムに類似したコラム

コールラビとは 塚本 有紀 - 料理講師(2013/12/17 22:39)

西宮「アミーンズ・オーヴン」に取材に 塚本 有紀 - 料理講師(2012/11/27 23:10)