ダイエットするためには何をすべきか?わかっていてもできないあなたへ! - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー
ピラティスインストラクター 社会福祉士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)

閲覧数順 2021年08月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ダイエットするためには何をすべきか?わかっていてもできないあなたへ!

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
チェアロビクス

みなさま、こんにちは。

今日は難しいテーマになりました。

 

ダイエットしたいけれど、行動には移せない、、、、

「わかっていてもできない」理由について考えてみたいと思います。

 

ダイエット情報は巷に満ち溢れています。

バランスのいい食生活、

有酸素運動で脂肪燃焼、筋トレで基礎代謝をアップする!など

調べればすぐにわかるような情報社会になりました。

情報がすべて正しいわけではありませんが、

怪しい、危険な情報以外は実施してみる価値があるでしょう。

では、そうすればやせられるのに、なぜ行動に移せないのでしょうか、、、

 

人が行動に移すためには、

これをしたほうがいいんだろうな?

と思い始めることがスタート地点。

第一歩。

 

ダイエットしようと思っても、できなければ、

「これをすればいいのに、どうしてもできない!」と

自分をいじめてしまいます。

いじめる人が多すぎます。

 

しかし、これらの「できない」を克服するためには、

自分をいじめないことが大事です。

 

やればいいけど、できない!のではなく、

仮に実行に移さなくても、

これをやるとやせられる!と思い続ける脳の持久力を高めるのです。

 

実行にうつさなくても、これをやればやせる!といつも思い続ければ、(思い続けることがポイント)

その思いがあふれて、人によっては3ヶ月、人によっては1年後になりますが、、

実行できるようになっていくのです。

 

「実行したほうがいいな、、、でも、できない!」

と自分をいじめてしまえば、もう実行にうつせなくなります。

「実行したほうがいいな、、、そう思っているだけでいつかできるはず!」

そうです!

自分を信じることからはじめてください。

 

思い続ける脳の持久力が、あなたの行動変容を促します!

 

チェアロビクスで姿勢を変える!気持ちが変わる!

http://www.chairobics.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー

心身のこりをほぐして、笑顔になろう!

自宅や職場で、気軽に!手軽に!気持ちよく身体を動かしましょう。

カテゴリ 「チェアロビクス」のコラム

このコラムに類似したコラム

軽い運動で骨太になろう! 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター 社会福祉士(2019/03/20 00:16)

忙しい師走こそ軽い運動!飲みすぎ注意、消化の良い食事を! 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター 社会福祉士(2017/12/01 09:58)

運動習慣のある人は運動方法を検証する〜運動でコレステロールをさげる〜 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター 社会福祉士(2016/12/22 20:45)

運動しない人は身体活動量を増やそう〜運動しないでコレステロールを下げる〜 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター 社会福祉士(2016/12/22 20:22)

コレステロール・中性脂肪を下げる運動『メタボバスター』 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター 社会福祉士(2016/08/20 15:39)