増井良啓「租税法入門」(2) - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

増井良啓「租税法入門」(2)

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般

増井良啓「租税法入門」

法学教室連載

「第2回 租税法における公平」

非常に分りやすい文章で説明されている。

租税公平主義には、水平的公平と垂直的公平がある。

水平的公平とは、等しい状況にある者を等しく扱うことである。

垂直的公平とは、異なる状況にある者に対して、適切な差異のパターンを設けることである。

水平的公平を考えるに当たっては、租税裁定を考慮することが必要である。

租税裁定とは、課税・非課税または、税率の違いによって、税引き後の所得が多い金融商品等が選択され、あるいは、税負担を考慮した上で税引き前の利率などが決定される。例えば、非課税のアメリカの地方債が挙げられる。

垂直的公平を考えるに当たっては、高額所得者に対する累進税率のように、担税力(応能負担原則)を考慮することが必要である。

このコラムに類似したコラム

一秒でアメリカ人になる方法 大塚 嘉一 - 弁護士(2014/11/05 09:31)

オスプレイ着艦に想う小林秀雄の放言 大塚 嘉一 - 弁護士(2013/12/27 10:54)

国税の争訟に対する不服申立前置主義 村田 英幸 - 弁護士(2013/12/13 14:15)

税額の確定(国税通則法) 村田 英幸 - 弁護士(2013/12/13 13:12)

『重要判例とともに読み解く 個別行政法』、租税手続法 村田 英幸 - 弁護士(2013/12/11 15:29)