風・強風・台風・竜巻・・! - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

杉浦 繁
Atelier繁建築設計事務所 代表
愛知県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

風・強風・台風・竜巻・・!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般

強風の時・・1





さてさて・・

昨今は大雨のみならず風による被害も多々出るようになってきました。




何しろ、風速60m/Sなんて風が竜巻などでは発生するのだそうです。


正直な話・・

こんな風に出会ったらもう運が悪かったとしか言いようがありません。




そんなこと言うのかって言われても・・


何しろ車や船が空を飛び、電柱が引き抜かれるのですから。


もう、どうしようもないのです。





気象庁が表示する風というのは風速で示すと・・


静穏     風速0.3m/s未満

やや強い風  風速10m/s以上15m/s未満

強い風    風速15m/s以上20m/s未満

非常に強い風 風速20m/s以上30m/s未満

猛烈な風   風速30m/s以上


となっています。



猛烈な台風ってのがだいたい風速50m/sくらいまでだそうですから・・

いかに竜巻がすっげーのかってことになるのです。


ちなみに竜巻の規模を示す藤田スケールで言うと屋根が吹き飛ぶような竜巻はF3でその際の風速は70m/s以上だそうです。




運悪く、・・

もし竜巻に出会ったら・・


とにもかくにも命を守るために逃げることをお勧めします。


対策としてはアメリカのように地下シェルターなどを作るしかないでしょう。




家に耐えろと言われても無理です。




藤田スケールでは・・


F4で家が飛ぶ深刻な大被害の時、風速93m/s~

F5であり得ないほどの甚大な壊滅的被害の時、風速117m/s~




大きなビルなどでも窓や壁が飛びます。


そもそも同時にいろんな物が飛んできて・・

それこそ車が飛んできてぶち当たるのです。





そんなもんに耐えられるのは原発だけです。



っていうか・・

原発だけは耐えてもらわないと困るのですが・・



どうも、それも怪しいようです。








Atelier繁建築設計事務所HP

http://homepage3.nifty.com/ateliershigeru/  


よもやま建築日記~家づくりの現場から~

http://ameblo.jp/ateliershigeru/  




このコラムに類似したコラム

では強風の時どうするのか? 杉浦 繁 - 建築家(2013/09/26 14:49)

風に弱いのは窓です。 杉浦 繁 - 建築家(2013/09/24 18:24)

時間降水量100mm! 杉浦 繁 - 建築家(2013/09/07 18:01)

いやはや大雨凄かったね・・。 杉浦 繁 - 建築家(2013/09/05 21:08)

キャッチアンドリリースってのは・・? 杉浦 繁 - 建築家(2013/07/07 19:27)