会計帳簿がしっかりしていないと税金がおかしくなる - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会計帳簿がしっかりしていないと税金がおかしくなる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は世界海賊口調日です。
…こういう遊びにもしっかりと乗るのが大切なワケよ、おわかり?
…それとも「オレはなる!!」の方が良かったかなぁ?

会計帳簿について書いています。
税金の中には申告納税方式というものがあります。
自分で自分の税金額をしっかり計算するには、会計帳簿がしっかりとしている必要があります。
ですので課税庁さんは納税者が作る会計帳簿がしっかりしているか気にするわけです。


例えばよくあるやり取りとして

・この売上、翌期に計上されているけど本当は今期なんじゃないの?
・この経費、実は生活費なんじゃない?

なんてのは、それが会計的に妥当であるかによって利益額が変わるからです。
利益が変わる、ということは税金額が変わることを意味します。

すごく当たり前の話ですが、申告納税方式は納税者の経理知識がかなり厳しく問われる制度だということは、改めて確認しておきたいところです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

気持ちよく、いきましょう(2021/01/11 07:01)

福利厚生策の活用(2021/01/08 07:01)

このコラムに類似したコラム

まずは会って相談を 高橋 昌也 - 税理士(2020/02/24 07:00)

私生活のこと 高橋 昌也 - 税理士(2020/10/27 07:00)

お金周りのやり取りを仲介できること 高橋 昌也 - 税理士(2020/10/01 07:00)

実質的な効果は、さほど存在しない? 高橋 昌也 - 税理士(2020/08/30 07:00)

所定の義務は継続して発生 高橋 昌也 - 税理士(2020/08/29 07:00)