城崎温泉の続き - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

城崎温泉の続き

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室

城崎温泉のつづき
城崎で一番おいしいソフトクリームだとテレビで紹介されていたので、ミーハーだと思いつつも、外湯巡りのついでに買ってみました。
たしかに! 非常に真っ当にまっすぐおいしいソフトクリームです。
老舗の「力餅」屋さんで。300円


さてお夕飯には、香住のカニを、昨日のカニビールと一緒に頂きました。季節でないのはちょっと残念ですが、それでもやっぱりカニ! (ほとんどカニビールを飲むために、カニがあるかのような気分)

但馬牛のすき焼き、八鹿というところの豚肉のソテー、それから浜坂の合鴨の土瓶蒸し、そして出石の皿そば。たくさんの地元の産物を頂きました。


そして、気になったのが「しょうはいご飯」

「しょうはいご飯って、何ですか?」
仲居さんに聞いてみました。一瞬、えっ?という表情をされたようにも見えました。
「ええと、塩や醤油を入れて炊いた炊き込みご飯ですよ・・。お豆腐とか里芋を入れます」
その表情は、あまりに当たり前すぎて、はて、しょうはいご飯の意味って?と一瞬考え込まれたように感じました。
「しょうはいってどういう意味ですか?」
「ここらでは、塩辛いことを『しょうはい』って言うのです」
へえぇ! 塩っ辛い、しょっからい、しょっぱい、しょうはい・・・といったところでしょうか。
「塩とか醤油を入れて炊きます。昔よく母が、お祭りになると必ずしょうはいご飯を炊いていたものでしたねぇ・・」
醤油の醤(しょう)という可能性も。
味付けは非常にあっさりで(まったく辛くありません)、ご馳走の最後に、とても和める味でした。好きです。

豊岡市(城崎温泉のあるところ。兵庫県)から教室に来て下さっている方があるので、その方に今度もっと詳しく聞いてみたいと思っています。


このコラムに類似したコラム

クリスマスの食卓に 塚本 有紀 - 料理講師(2012/12/10 23:20)

グロゼイユのサントノレ 7月の製菓連続講座のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2012/07/18 23:04)

はなまるマーケットでお料理をご紹介します! 川上 みゆき - 料理講師(2012/04/18 01:43)

本当のアプリコットの香りがする、長野産ハーコットで 塚本 有紀 - 料理講師(2011/07/10 21:08)

これからの抱負  りもんちぇーろより♪ 坂本 孝子 - 料理講師(2015/01/01 15:12)