経験者を再教育するくらいなら最初から未経験者を育てよう - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

経験者を再教育するくらいなら最初から未経験者を育てよう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般


「手垢のついていない未経験者を時間を掛けて育てる。」

と、カンブリア宮殿で長野県の中央タクシー宇都宮恒久会長がおっしゃっていました。
未経験者は、即戦力にはなり得ないので、育成に時間が掛かるというデメリットがある。しかし、その分一からきちんと育てられるという、デメリットを大きく上回るメリットがあるということです。

店舗のチームワークがボロボロだったり、離職率が高かったり、無愛想な接客だったり・・・多くの経営者は、それを店長のリーダーシップの無さを原因として考えておられます。だから「店長を何とかして欲しい」と言う依頼を受けるのですが、、、、しかし、多くの場合、店長だけが原因ではないのです。

もちろん、店長にリーダーシップの基礎を教えます。それによって、店長自身がレベル低下の原因にはならなくなります。しかし、それだけでは、お店の状況は完全には改善しないのです。店舗運営を任されている店長が、最も優先的に力を注がねばならないのは、リーダーシップの前に「誰を採用するか?」という採用基準の徹底なのです。

店舗のチームワークがボロボロだったり、離職率が高かったり、無愛想な接客だったり・・・こういうお店が出来てしまう最大の原因は、新人の採用基準にあるのです。

※新人採用については、ブログの「店長キラキラ化大作戦」シリーズでたくさん書いておりますのでそちらをご参考に  http://peopleandplace.tamaliver.jp/e342764.html

この採用基準を徹底しないから、採用してから苦労するのです。その苦労は、「教えること」ではなく「修正すること」に対する苦労です。未経験者に「新しく教える」のは、0からやれば良いのです。しかし経験者の経験を「修正する」のは、何がどこまで違っているのか?と言う確認作業が非常に大変なのです。この全ての確認をしないままに、経験者であることを安心材料にして放任してしまうのです。ここからの「再修正」はもっと大変になります。

大阪のあるデイケアーサービス会社の社長がおっしゃっていました。
「大卒や中途採用者の離職率が高いのは、介護サービスで働くことの理念が中途半端だからだ。だからここ数年は、高校生を正社員採用することにした。彼らは、働く目的や介護サービスに対する理念・使命感をイチから学び、しっかりしたものを自分の中で創り上げてくれる。大学生や社会人中途よりも高校生の方が遙かにピュアーなんだ!」

ある中華料理チェーン店は、料理人の中途採用は一切せず、料理学校と提携して、そこからのみ採用しているそうです。

経験者を中途採用するのは、一時的には楽ですが、それにあぐらをかいて放置していると、後々大きな修正を余儀なくされてしまいます。

変な癖や経験、低い志・使命感は邪魔なのです。
真剣に最高のお店を作るのならば、店長教育の最重要項目に「採用基準」を入れ、それを徹底しては如何でしょうか。

そうすれば、少し時間は掛かりますが、最高に素敵なお店を創り上げることが出来ます。
必ず出来ます。顔晴りましょう!!!

 

いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※クリックして人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


■松下雅憲の著書について詳しくお知りになりたい方はこちらの画像をクリック!

■松下雅憲への「コンサルティング依頼」「講演・セミナー・研修依頼」についてはの公式ホームページへどうぞ


このコラムに類似したコラム

紙一重の差 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2020/07/22 10:09)

人材育成改革 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2020/06/17 09:52)

成長意欲 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2019/12/20 10:18)

ビジネスパーソンとしての基本 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2019/09/27 09:38)

経験値の重要性 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2019/08/14 10:33)