10年経過。 - 写真撮影レッスン - 専門家プロファイル

長坂 佳宣
N7factory 
カメラマン

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:写真・ビデオ

宮本 陽
宮本 陽
(カメラマン)

閲覧数順 2017年04月30日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

10年経過。

- good

  1. 趣味・教養
  2. 写真・ビデオ
  3. 写真撮影レッスン
10年前。

僕が18歳だった頃
ナポレオンヒルの「思考は現実化する」

と言う本を大学の講義で初めて読みました。

今28歳になって

また読み返しています。

本には当時気になった部分に
赤線がひかれてあったり

端っこにメモ書きがしてあったり

もぅ本なのかメモ用紙なのか

分からない様なページもありました(笑)

何て言うか

多分ほとんどの人は

10年前、自分が何に悩んで
何を感じて、何を考えていたか?

と言う事をもぅ覚えてないんじゃないかと思う。

僕もここ数週間、読み返すまでは
忘れてました。

当時悩んでいた事って

その時はきっと大変な事なんですが

今見返すと

「お前そんな小さい事で悩んでたのか!バカだな!
そんなのアレしてソレしたら解消じゃねーか!」

って事が多いです(笑)

って事は今から10年後の自分が
今の自分の悩みとかを見ると

「お前マジでバカだな!」

だと思います。

ただ一つだけ言えるのは

10年前の18歳の僕より
今の僕の方がはるかに幸せだって事です。

18歳の時の夢は
ミュージシャンになる事。

これは僕の中で

夢とか憧れとか

やっぱそうゆう類いのモノだったから
そこから抜けれなかった。

今、カメラマンなのは

夢や憧れとか、そうゆう青臭いものではなく

これが僕の生きる道の一つだからです。

で不思議だなと言うか

この本の中で言う

当時の僕の潜在意識の中にあったものは

カメラマンになれた事で
ほぼ全部現実になっているんだなって事です。

一つは組織に縛られない人生を送る事。
満員電車と無縁の生活を送っている事。
仕事で海外に行く事。
好きな事で飯が食え、それが仕事になり
自分の経済が十分に成り立っている事。

これでした。
気付けば今、全部が利子付きで現実になってます。

僕がフリーランスと言う立場で
これからの人生に不安が無いかと言ったら

そりゃあるんです。

でもその事で心配はしないんです。

自分の頭の中で見えるものは
時間差はあるけど現実として必要な時に用意されるし

結局どう転んでも
良い方向にしか進まないから。

この10年は色々あったけど

頭より体で経験して
腹に落ちる学びがとても多かったなって思います。

ここ最近は過去の清算と言うか

そうゆうのを自分の中で消化していってる事が
多い様な気もしてますが

きっとこれから進むのに必要だからなんでしょうね。

ってな感じでこれからも
自分のペースで一歩一歩進んでいけたらと思います。

それでわまたっ


このコラムに類似したコラム

ハワイの動画 / Nikon P7700 Sample Movie 長坂 佳宣 - カメラマン(2013/05/30 19:35)

ニューヨークにおります。 長坂 佳宣 - カメラマン(2013/09/24 10:27)

初心。(今日長いでーす) 長坂 佳宣 - カメラマン(2013/09/13 19:01)

つまり。 長坂 佳宣 - カメラマン(2013/08/31 21:44)

聖児さんお疲れさまでした! [130813 d-p-r Live Photo] 長坂 佳宣 - カメラマン(2013/08/14 19:48)