弁護士の息子 - 民事事件 - 専門家プロファイル

菊地総合法律事務所 代表弁護士
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年10月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

弁護士の息子

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件

 下の我が家の小動物が、いつの間にか、小学一年生。

 チョットした手術を受けることになり、病院に。

 病院の決まりなのでしょう、誓約書に、本人の自署を求められました。

  母親 「〇〇、ここに名前を書いて」

  本人 「だって、僕、何書いてあるか分かんないよ」

  母親 「ママが、聞いているから、大丈夫」

  本人 「だったら、ママが書いて」

 弁護士をしていて、本人の自署を求められるケースはあります。例えば、契約書であり、例えば手形であり。その理由は、主として、本人の能力、真意を確認するためであり、また、本人の自覚を促すためです。

 今回、病院の取り扱いと、息子の反論と、どちらが合理的で説得力があるでしょうか。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
菊地総合法律事務所 代表弁護士

依頼人の法的権利を実現する─それが私どもの願いです

全国各地の相続、不動産、同族会社の案件を中心に幅広く、新都心さいたま市を拠点として、永年にわたり多数手懸け解決しています。企業法務や病院・医院、寺社の法務にも精通しております。遺留分減殺請求、株式買取請求、為替デリバティブに実績があります。

このコラムに類似したコラム

仕立屋さん 白木 麗弥 - 弁護士(2012/03/10 16:33)

大阪市内の交通事故。病院紹介もサポートしています。 ジコナビ代表 前田修児 - 行政書士(2010/08/03 08:00)

不動産売買契約の決済 大塚 嘉一 - 弁護士(2017/09/13 13:58)

PTA会長を「卒業」するに当たって 大塚 嘉一 - 弁護士(2017/06/13 17:33)