良い曲書くよなー。 - 写真撮影レッスン - 専門家プロファイル

長坂 佳宣
N7factory 
カメラマン

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:写真・ビデオ

宮本 陽
宮本 陽
(カメラマン)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

良い曲書くよなー。

- good

  1. 趣味・教養
  2. 写真・ビデオ
  3. 写真撮影レッスン
今日は午前様から編集。

午後からは請求書や見積もり書や
領収書やらの書類さんとの戦い。

んで今ブログな感じ。

先程、自分が昔やってたバンドの
曲が聴きたくなったんです。

誰も知らない「ルール」って曲。

“捨てたくて 忘れたくて
その荷物がもぅ 重すぎて 投げ出しちゃいそうで

自由が故のルール”

“生きたくて 死にたくて
その二文字がもぅ 限りなく平行線だって

受け入れるのがルール”

まぁ何だ?って感じだと思います(笑)

他人からすると何だ?ですが
僕からすると凄い大事だった。

彼の書く曲はホントに天才的だと
昔も今も尚思います。

僕はこのバンドをかれこれ二回抜けてるんです。

一回目は喧嘩みたいなもの。
二回目は人生観の不一致みたいなもの。

そして僕はカメラマンになって
バンドはそのまま無くなりました。

一年くらい前にチェルシーホテルで撮影してたら
ギターの子とバッタリ会ったんです。

ナガ君!(僕をナガ君と言うのは彼だけ)

って声を掛けてくれて

思わず抱き合ってしまいました(笑)

彼は何故か嬉し泣きしていましたね(笑)

でもホントに嬉しかった。

あの時ビックリしたのが

その一週間くらい前にボーカルちゃんから
メールが来て少し連絡取り合ったばっかだったので

何か不思議だなーって。

んで何で今こんな事書いてるかと
言うとワカラナイんです(笑)

ワカラナイんだけど何となく。

あの頃はと言うか最後の方は
ドラムレスだったんです。

だから音源だけ作って
送りまくって

タイアップ作戦で行こうって。
今思うと安易な発想だけどそれしかなかった。

ライブが好きな僕は「うーん」だったけど
彼の曲が世に出るならそれで良いなって。

それで事務所みたいのに所属して
向こうの指示もあって
さらにずーっとレコーディングばっかの日々でした。

当時はこの先に~って思ってたけど
答えは無かった。

今思うのは、それはそれで良かったけど
もっとバンドの意思が持ててたらなって事と

自分自身がもっとマジメに取り組めてたらなってのは
やっぱ思う。

仲間が居ると言うのは素晴らしい事だけど
多分僕は誰かが居ると少し頼ってしまう。

この仕事をするようになって
自分以外、誰も居ないから全部自分でやらなきゃならない。

当然負荷は多いけど
だから工夫も出来るし、知恵も多少は出る様になった。

だからこうゆう状態で当時バンドを出来ていたら
少しは違う未来を用意出来たのかなって。

まぁ今となってはもぅアレなんだけど(笑)

何て言うかそんな事を思ったりします。

今のカメラマンって仕事は
当時の延長戦上のものだと思うし

これからもきっとそう。

昔、諸先輩に
「お前もっと写真ってもの自体を好きになれ」

って言われましたが
それは無理な事なんです。

入り口が全く違うから。
だから出口も違う。

それに僕みたいなカメラマンが
この世に居たって別に良いとも思う。

まぁ長くなってしまったので今日はこんな感じで。

それでわまたっ





このコラムに類似したコラム

ニューヨークにおります。 長坂 佳宣 - カメラマン(2013/09/24 10:27)

初心。(今日長いでーす) 長坂 佳宣 - カメラマン(2013/09/13 19:01)

つまり。 長坂 佳宣 - カメラマン(2013/08/31 21:44)

10年経過。 長坂 佳宣 - カメラマン(2013/08/19 22:41)

聖児さんお疲れさまでした! [130813 d-p-r Live Photo] 長坂 佳宣 - カメラマン(2013/08/14 19:48)