不動産所得のお尋ね~現在公開可能な情報~ - アパート経営・物件管理 - 専門家プロファイル

渡邊 浩滋
税理士・司法書士 渡邊浩滋総合事務所 税理士 ファイナンシャルプランナー
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産所得のお尋ね~現在公開可能な情報~

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. アパート経営・物件管理

進撃の巨人風のタイトルにしてみました


先日、税務署からのお尋ねについてブログやHPに書いてから

問い合わせがかなり増えました


事務所のホームページの方

東京国税局から東京税理士会に送られた

「不動産所得を有する方」に対する文書照会についての周知等のお願い

(東京税理士会神田支部のHPより)

もアップしましたので、ご覧頂ければと思います。

http://www.w-sogo.jp/


お尋ねが送られてきた方の傾向を見てみると、、、


必要経費の中のある勘定科目について、

100万円を超えるものがあるような方

機械的に送られてきているように思います。


昨年度よりも増加しているとか、金額的に怪しいというような

基準みたいのはないように思えます。



100万円を超えたから送られてくるというのでは、

納税者としてはたまらないですね


白色申告の収支内訳書は、そもそも項目の欄が少ない

ので、必然的に雑費に記入さざるを得ないので、

100万円は簡単に超えるような気がします


お尋ねでは、物件毎や支払先ごとに内訳を書かせられるわけですから。

帳簿をつけてない人は、領収書を分類して集計しなおさなくなりますね

(それなら、最初から確定申告書に書かせるようにすればいいのに・・・)


ちなみに、

平成26年からはすべての白色申告者について、記帳が義務付けられます


青色申告にして、項目を最初から分けて、金額を分散させれば、お尋ねが来なくなる可能性はあります

すでに確定申告している方は、平成26年3月15日までに青色申告承認申請を提出すれば、平成26年分の確定申告から青色申告にできます。

(平成25年分は、今から申請を出しても間に合いません)



***************************


7月30日(火)31日(水)の賃貸住宅フェアで

みまもルーム(ジャスト)さんと共同でブースを出展します


東京ビックサイトで参加無料ですよ~

http://tokyo.zenchin.com/

案内図は、ジャストの表記になっていますので、

そちらを目指して是非お越しください。


当日限定の無料税務相談もやります


****************************






 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

不動産所得のお尋ね~現在公開可能な情報②~ 渡邊 浩滋 - 税理士(2013/07/29 10:26)

税務署からのお尋ね 渡邊 浩滋 - 税理士(2013/07/18 09:12)

平成26年度税制改正大綱発表! 渡邊 浩滋 - 税理士(2013/12/13 08:57)

来週、出版します! 渡邊 浩滋 - 税理士(2013/11/28 11:55)

ゴルフ会員権の売却損の損益通算ができなくなる?! 渡邊 浩滋 - 税理士(2013/11/29 08:49)