ボールを打たない練習-ゴルフピラティス-内転筋編 - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)

閲覧数順 2020年10月01日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ボールを打たない練習-ゴルフピラティス-内転筋編

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン
ゴルフピラティス

おはようございます。ゴルコア(港区芝大門)代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

「ボールを打たない練習」第六弾、今日はインパクト時にボールにパワーを最大限に伝えるためのカラダ作りとして「内転筋」をトレーニングする方法をご紹介させていただきます。

 

御参考;

「スパイラルアーチ」:胸椎回旋、地面からのエネルギーの伝達

「ニュートラルスパインツイスト」;下半身と上半身の連携

ツイスト&プル:胸椎回旋

ボウ&アロウ:肩甲骨前後の動き

コブラ:肩外旋、肩甲骨安定

 

インパクトのときの下半身の動きは、ダウンスイングから体重が左に移動し、左臀部で壁を作り、その壁に、右脚の内腿から寄せていきます。この時に右くるぶしが地面を向いていきます。

この時に使われているのが右の内転筋。

内転筋が弱いと、右膝を使って寄せようとしてしまいますので、頑張って右内腿が使えるようにトレーニングしていきましょう。もちろん、左の壁を作るにも左の内腿も使っています。

今回はビックボールを使って内腿への意識をしやすくしていますので是非お試しください。

 

アダクションビックボール

1.マットと平行に横になり、ビックボールを体の前に置きます。上の脚をビックボールに乗せます。カラダはマットと平行になるようにしておきましょう。

2.息を吸って下の脚を床から少し持ち上げて準備。

3.息を吐いてさらにアップ。ゆっくり吐く息で10回アップ。終わったらゆっくり下の脚を下ろします。

4.同様に逆側も行いましょう。

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

-ゴルフの体幹トレーニング-ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

Web:http://golcore.com

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX:03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Blog:ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』

このコラムに類似したコラム

第26回ゴルコアコンペ大日向GC-ゴルフ合宿 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/09/03 20:07)

9月ピラティス&ゴルフピラティススケジュールアップしました(浜松町/大門) 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/08/22 22:14)

ゴルコア3周年記念コンペ11月3日(日)に決定 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/08/21 14:10)

ゴルコアのスタジオ料金システムを一部変更いたしました 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/08/01 21:41)

ゴルフピラティスワークショップ-「ミート率アップ」-コア(お腹)その3 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/28 16:28)