おうちごはん②【Paris編】 - 料理・クッキング全般 - 専門家プロファイル

笠井 奈津子
Smile Table 栄養士・食事カウンセラー・フードアナリスト
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

おうちごはん②【Paris編】

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理・クッキング全般
先生

ドイツからパリへは飛行機ではなくTGVで移動しました。

ドイツで自炊中に作ったきのこの炊き込みごはんが余っていたので
同じく冷蔵庫に残っていたスモークチーズをのり代わりにぐるっと巻いて
車中の軽食に。

マダムが(ご夫妻も結婚式に参加していたので一緒に移動)
おうちの近くのSADAHARU AOKIでクッキーを調達していたので
そちらもつまみながら
キロ単位で買うというチョコもいただいて^^

パリのおうちに着いたのは夜12時前くらいだったので
ベッドに倒れこむように眠りについた私ですが
旦那様は近所のカフェに飲みに出かけ
マダムは夜の30分のストレッチを欠かさなかったという…。

で、次の日の夜は、午後ずっとお出かけしていたので
あわてて帰って夕食の準備。

 

フェンネルのサラダとステーキは私担当。

この日はボンマルシェ(デパート)で食材を調達したのですが
 ドイツもフランスも、お肉は100gいくら、ではなくて、1キロいくら
で表記されているのですよね。
(お野菜もほとんどそうだったりしますが)
いただく量の違いもあるのかな?

旦那様が、その表記の違いに気が付かなくて
そして、牛肉がそんなに高いとは想像すらせず
日本のデパートで松坂牛を買って痛い目を見たとか…。

確かに…単位を間違えた松坂牛のお買いものはおそろしい^^;

 

マダムは、ビーツとコンテチーズのサラダを作ってくれました^^
ゆでたビーツと薄くスライスしたチーズを重ねて
粒マスタードベースのドレッシングをかけるシンプルレシピなのですが

 

これが、おいしー!!!!

おうちではあんまり扱ったことがなかったビーツだけれど
ちょっと身近な存在になりました^^

このコラムに類似したコラム

広島・廿日市「フェルダーシェフ」へ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/10 23:52)

8月の料理基礎講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/08/10 23:40)

滋味深き煮込み料理 10月の料理基礎講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/10/20 22:36)

食紀行 フランス編 最終章「カフェ・ド・ラペ」へ・・ 坂本 孝子 - 料理講師(2013/08/09 20:37)

食紀行 フランス編⑥ 坂本 孝子 - 料理講師(2013/08/08 17:26)