子供の頃の外遊びは大事 - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
Noriko式ウォーキングの
Bjウォーキングスクール代表
Norikoです。


私が小学生の頃
(1970年代です)
ほとんどの子が
学校から帰ったら
外で遊んでました。

私も男の子たちと一緒に
外で走り回ってました(^^)


どれだけ遊んでも
疲れるということが
ありませんでしたね。


私が好きだった遊びに
ジャングルジム鬼ごっこ
と言うのがありました。

ひたすら
ジャングルジムの上で
鬼ごっこをするんです(笑)


いかに
速くジャングルジムの
てっぺんまで登れるか

いかに
速く下まで下りられるかが
課題でした。


私は
体重を消すような動きを
していたような記憶があります。


一段一段踏みしめて
上ったり下りたりしていては
すぐにタッチされてしまうからです。

ちなみに
関西では
タッチのことを
『でん』と言います(笑)

それはいいとして…


他にも
どのぐらいの高さからなら
飛び降りられるかとか

どの高さなら
自力で這い上がれるかとか…


遊びの中で覚えたことは
たくさんありますね。


あ、そうそう

石のすべり台がついてる山が
近所にあり

そこをローラースケートで滑ったら
スピード半端なく

『そんなことしたら危ない』
ということも
知ったなぁ(笑)



こういう外遊びの経験がないと
体の使い方を
あまり知らないまま
だったかも知れませんね。



今は…

昔は遊び場だったところが
駐車場になり
遊ぶところが無い

物騒だからという
心配がある

家庭用ゲーム機の普及で
家で遊ぶ子が増えている

習い事が多くて
遊ぶ時間が無い子が増えている


スポーツを習って
体を動かしている時代。



スクールには

小学生の時から
肩こりがあった
という
若い生徒さんもいます。

小学生の外反拇趾も
珍しくないそうです。

昔は考えられないことが
起こっています。


しかも
便利な世の中になり

あまり歩かなくてもいいように
なっています。

家の中まで
足を上げなくても歩けるように
フルフラットです。


とても怖いことだと
思いませんか?



お父さん
お母さん方

できるだけ
子供に外遊びを
させてあげてください。

体が柔らかいうちに
覚えたほうが良いことは
たくさんたくさん
あります。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに!!

私達YURUKUウォークは☆健康に過ごしたいが、何をやっても改善されない☆ジムに通ったけど、続かない☆シニア世代なので頑張るトレーニングは辛い方の為に、筋肉を緩め、正しく立ち歩くケアを教授しております一生涯のウォーキングを身につけます!

このコラムに類似したコラム

どんなときが幸せ? Noriko - マスターウォーキングインストラクター(2013/12/17 18:07)

なぜ私がウォーキングにはまったか Noriko - マスターウォーキングインストラクター(2013/10/14 20:44)

触れること Noriko - マスターウォーキングインストラクター(2013/08/30 10:17)

膝の痛みに悩む中高年は全国で1800万人 Noriko - マスターウォーキングインストラクター(2013/08/24 08:10)

悪い姿勢は脳幹(生きるための脳)の機能の低下を招く Noriko - マスターウォーキングインストラクター(2013/08/23 15:38)