手術報告 - フラワーアレンジメント - 専門家プロファイル

原川 佳絵
Eka Art Salon 代表
東京都
フラワーアレンジメント講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:絵画・工芸・フラワーアレンジメント

井上 一恵
井上 一恵
(フラワーアレンジメント講師)
松本 邦子
松本 邦子
(フラワーアレンジメント講師)
井上 一恵
井上 一恵
(フラワーアレンジメント講師)
エリー・グレース
(アートインストラクター)
松本 邦子
(フラワーアレンジメント講師)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。


先週木曜日に無事に右目の手術が終了しました。

その日は4本の点滴を打ち続け、最後に筋肉弛緩剤の入っている

注射を1本さしたのですが、その痛かったこと!

でもそれを打ったからといって、足元がフラフラになるわけではなく

手術台に上がっても意識ははっきりありました。

ただその時はすごく緊張してましたけど。

それから全身麻酔が入ってからはすぐに意識はなくなり

気がついたのはベッドの上。

手術は1時間15分位で終了したそうで、出血もヤクルト1本分位しか

出なかったそうです。

ところがその夜は高熱を出し、酸素吸入と両手に管を入れられ

全く身動きが取れず長く辛い夜でした。


夜があけて、やっと身動きがとれて自分の顔を見ることができました。

突出していた眼球は4mm引っ込みました。

たった4mm?そう思われるかもしれません。

まだ二重まぶたも復活せず、瞼に覆われてかなり目は小さくなっていますが、

でもこの4mmが人生を大きく変えるくらい印象は違います。

眼帯を外した後は物が2重に見える症状が出たけど、

今は少しずつ良くなってきています。


この手術は、上歯肉からメスをいれて、頬っぺた付近の骨を四角く切り取った後、

目の中で過剰に増えてしまった圧を逃がすという大手術です。

なので術後はずっとおかゆなど流動食が続いています。


鼻の中にはコットンとガーゼが入っていてそれを引き抜く作業があり、

昨日それを行ったのですが、一言でいうと壮絶でした!

痛みには耐えられましたが、

自分の体からこんなに鼻血と膿が出るとは想像がつきませんでした。

そして今も鼻血が出続けているのでコットンは詰まっています。

かなりひどい顔です。


今度は16日に左目の手術です。

その前に親友YUPIちゃんがお見舞いに来てくれて

お菓子と雑誌の差し入れをしてくれました。

たった20分位しか話せなかったけど、

とても嬉しかったです。


1度経験してしまった分、次の手術は余計辛く感じるかもしれないけど、

前向きに頑張ります!





このコラムに類似したコラム

退院報告 原川 佳絵 - フラワーアレンジメント講師(2013/05/27 12:36)

友人とランチ~自由が丘編~ 原川 佳絵 - フラワーアレンジメント講師(2013/10/21 17:12)

友人へのプレゼント 原川 佳絵 - フラワーアレンジメント講師(2013/07/18 11:07)

復帰に向けて 原川 佳絵 - フラワーアレンジメント講師(2013/05/23 08:38)

経過報告 原川 佳絵 - フラワーアレンジメント講師(2013/05/20 09:07)