屋根の上でバーベキュー? - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

杉浦 繁
Atelier繁建築設計事務所 代表
愛知県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

屋根の上でバーベキュー?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般


それってどうよ?と思う家・・2





手摺りってのは法律上はなんかあればいいと書きましたが・・

これって実は屋内の話です。



屋外では話が違う・・


外の階段や踊り場、バルコニーやベランダなどなど屋外で落下の危険がある場合は全て定められた基準の手摺りが必要です。

手摺りの高さや手摺り壁の穴の大きさなど全て厳しく定められています。



屋外の階段では決して手摺り棒一本だけの手摺りなどは出来ません。



なんかおかしな話です。


家の中なら落っこちても構わないが・・

同じ家でも外だと落っこちないようにしなさいって?


中だって外だって落ちたら同じ大けがなのに。



そんで、性能表示とったりフラット35なんかの基準で建てたりすると屋内でもちゃんとした手摺りが必要になったりもするのです。



これもなんか変なのですが・・


手摺りがあるから性能が良い家っちゅうこと?




ふ~む!

まあいいか・・



ただ、世の中にはどうしても手摺りが嫌な人がたくさんいます。

何でかはわかりませんが・・



そこで、昨今は屋上庭園とかルーフバルコニーなどがたくさんあるのですが・・


2階の部屋から1階の屋根の上に出るとか、2階の屋根の上に出てバーベキューなんてのが憧れの的になっています。


確かに気持ちがよい!


ちょっと雨仕舞いとか重量とかお金とか大変ではありますが、実現できればそれは広くて魅力的なスペースになります。



屋根の上・・なのです。

勝手にそこを使ってるだけ!という理屈。

出られるように、バーベキュー出来るように作ってあるだけの屋根なんです。




手摺りがあったらおかしいでしょ?


だってそこは屋根なんだから!





屋根に手摺りつけろとは法律のどこにも書いてない。




ただ、勝手に屋根の上でバーバキューしているだけ・・・


出来るように作ってあるもんで・・


落ちたら自己責任っていうことでお願いします。







Atelier繁建築設計事務所HP

http://homepage3.nifty.com/ateliershigeru/  


よもやま建築日記~家づくりの現場から~

http://ameblo.jp/ateliershigeru/  




 





このコラムに類似したコラム

「いい家だね~」が欲しい。 杉浦 繁 - 建築家(2013/11/25 16:10)

究極のREALIST。 杉浦 繁 - 建築家(2013/10/09 12:07)

土にどれだけ染みこむか?の浸透係数。 杉浦 繁 - 建築家(2013/09/16 16:06)

地面を土にすればよい! 杉浦 繁 - 建築家(2013/09/13 21:56)

そもそも町の排水能力はどうなのよ、ということ。 杉浦 繁 - 建築家(2013/09/09 20:52)