鰻料理店の閉店をだれが予想できたでしょうか! - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

森 大志
森大志税理士事務所 
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

鰻料理店の閉店をだれが予想できたでしょうか!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般

昨日は、顧問先の会社を訪問しました。


その時に目にしたのは、あるお店のシャッターの張り紙です。


そのお店は、鰻料理店。


鰻の高騰で、やっていけなくなったと言う内容です。


鰻といえば、養殖技術の普及で庶民の味となりました。


それが、ウナギ稚魚の不漁による高値。


誰がこんな事態を予想できたでしょうか。


個人の力では、どうすることもできないでしょう。


前のように手頃な価格でウナギが食べられるようになることを

祈っています。


さて、訪問先の顧問先の社長と話したこと。


日本経済がダメになった理由について意見交換。


私が話したのは、大企業の経営者の劣化があるのではないか

ということ。


人員削減、工場の閉鎖などリストラで利益を出そうとしている。


だから、経済が縮小していると。


やはり、売上を増やすことで利益を出すことを考えなければ

ダメだと説明したのです。


社長の会社でも、お店を任されている店長が経費削減を

考えるようになっている。


後ろ向きの対策ですね。


でも、節約できる経費は限られるのです。


それなら、経費を使っても、それ以上に売上を増やせばいいのです。


いつも前向きな社長。


だから、売上も順調なのです。


本当によく勉強している経営者。


20年以上のお付き合いになります。


感謝、感謝ですね。


これからもよろしくお願いいたします。

このコラムに類似したコラム

朝日新聞フロントランナー・企業再建弁護士は凄い! 森 大志 - 税理士(2013/03/15 18:45)

昨日の東京企業戦略塾は無事終了いたしました 森 大志 - 税理士(2013/01/11 07:50)

パナソニックの巨額赤字、経済は感情で動く! 森 大志 - 税理士(2012/11/01 07:34)

経営発表大会 高橋 博章 - 資産経営アドバイザー(2015/10/26 08:00)

イタリアン嫌いの坂本孝さんが作った「俺のイタリアン」の謎 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/03 20:52)