Q手当が支給される場合、残業時間が長時間になると、手当以外に残業代は支給されませんか? - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

東郷 弘純
東郷法律事務所 代表
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年10月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Q手当が支給される場合、残業時間が長時間になると、手当以外に残業代は支給されませんか?

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般

通常、営業手当が支給される場合、一定時間残業しているものとみなして、当該営業手当が支給されます。

仮に15時間残業しているものとみなして、3万円の営業手当が支給されているものと仮定しましょう。

この時、30時間残業した場合には、15時間余分に残業していることになりますので、この労働者には15時間分の残業代を請求する権利があります。したがって、15時間分の残業代が支給されなければなりません。

ただし、本件15時間分の残業代を請求する法的手続になった場合、30時間残業したことを労働者の側でどう立証するかが問題になります。タイムカード等で立証できればよいですが、この立証ができないと15時間分の残業代の請求が認められないことがあります。

このコラムに類似したコラム

時間外・割増賃金・残業代の基礎、その1 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/11 11:19)

残業代(研修)を受講しました。 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/11 11:49)

時間外手当・割増賃金・残業代の基礎、その2 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/11 11:52)

労働審判以外の司法による解決手段 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/10 08:02)