一生懸命・・・だからこそ、肩の力を抜いてみよう! - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

一生懸命・・・だからこそ、肩の力を抜いてみよう!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成
プロとして生きる! キャリアを磨こう
人にも慣れなきゃいけない

職場の空気にも慣れなきゃいけない

仕事も覚えなきゃいけない

でも、なんにもできない、できてない。

そんな風に自分を追い詰めるタイプの人がいます。

自分を追い詰めて、行動が変わるのであれば、

それはそれでよいと思うのですが・・・

多くの場合、そういう時はかえって足がすくんだように

立ちつくすだけで、それこそ何も進められないことが多いようです。

あれも、これも、それもという気持ちを抱いたら。

どうぞ、まず、肩の力を抜いて、大きく深呼吸してみてください。

面白いほど、リラックスした自分を感じるまで。

何度も何度でも。

わたしもよく、人生の師匠に言われました。

肩の力さえ抜けば、すべて思うように進めるはずだと。

確かにそうなんです。

気負いを相手に感じさせないことが、得たい成果に近づく一歩なのです。

当事者は、なかなか気づけないようですから、

私たち、コーチがいるのかもしれません。

自分の人生に責任を持ち、覚悟をし、勇気を振り絞って。

だれだって、より豊かに、より素敵に生きたいのですが、

渦中にいる自分に気づけるほど、ゆとりが持てません。

そんなときは、どうぞ見ていて!っと、

頼りになる人をパートナーに選んで進んでいきましょう。


さ、今日も肩の力を抜いて。まっすぐでなくてもいいじゃない。

ゆっくり、思う通りに歩いていきましょうね。


花は、力一杯咲いているように見えますが、
それほど、力が入っていることを感じさせません。
だから・・・
人は、癒されるのでしょう・・・・


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「プロとして生きる! キャリアを磨こう」のコラム

人生の基本は・・・(2016/12/04 09:12)

このコラムに類似したコラム

「教える側の忍耐や覚悟が不足している」という話 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2015/01/20 08:00)

その課題は、だれのものですか? 竹内 和美 - 研修講師(2014/10/02 10:13)

常に自責の意識を持っていたい 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/08/05 10:11)

新人店長は「ちゃんと」「きちんと」でごまかしてはいけない 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/04/14 06:47)

新人店長は「まかせる前に基準合わせ」をしよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/04/10 06:46)