住宅ローンの借り方 何歳で完済できるのか? - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

BLPファイナンシャルプランナーズ事務所 代表
兵庫県
ファイナンシャルプランナー
078-332-0780
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

徳本 友一郎
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年10月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの借り方 何歳で完済できるのか?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産コンサルティング

ファイナンシャルプランナーの菊池です。

住宅ローンを借りる際に借入期間は何年で設定すればよいのか。
よく相談を受ける内容です。

金融機関の住宅ローン商品の完済時年齢は75歳もしくは80歳までとなっています。
40歳までの方なら35年返済で借りることができます。

しかし、75歳まで住宅ローンを返済することができるでしょうか?
定年退職が60歳であれば完済時の年齢が60歳以内となるように借りたいところです。

借入期間は短く、これが理想の借り方。
期間が短ければ総返済額も少なくなります。

ただし、住宅ローンの借入期間を短く設定すると毎月の返済額は高くなります。
毎月の住宅ローンの返済が家計を圧迫することもあります。
ここで無理をしてしまう人も多く見受けられます。

無理して借入期間を短くしないという考え方も重要です。
当初は借入期間を長めに設定し、繰上返済で借入期間を短縮していくという方法も検討すべきです。
この場合には繰上返済のための原資を確保できるかどうかが重要です。


住宅ローンは長期間にわたり返済をしていくため、住宅ローンの選択、借入条件は極めて重要です。

将来、住宅ローンの返済に困らないようにするためには、毎月の家計、ライフプラン等を分析してから借りることが必須となります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / ファイナンシャルプランナー)
BLPファイナンシャルプランナーズ事務所 代表

お客様の立場で誠実なアドバイス

保険の見直し、ライフプラン作成、住宅ローンのご相談、不動産投資・不動産経営など個人のお客様向けの業務を行なっております。常にお客様の立場最優先で誠実なアドバイスをすることが私の使命と考えております。

078-332-0780
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「不動産コンサルティング」のコラム

このコラムに類似したコラム

10/4開催≪アドキャストpresents*失敗しない住宅購入術≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2015/09/07 11:10)

住宅ローンの借り過ぎに要注意! 必要以上に借りないこと 菊池 英司 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/31 07:16)

住宅購入前に必ずしておくこととは? 菊池 英司 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/20 10:55)

住宅購入か?それとも賃貸か? 菊池 英司 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/09 11:06)

住宅購入時、FPに相談するタイミングはいつ? 菊池 英司 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/04 17:51)