日本マクドナルドの2月の既存店売上高もマイナス! - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

森 大志
森大志税理士事務所 
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本マクドナルドの2月の既存店売上高もマイナス!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般

日本マクドナルドの2月の経営成績がでました。


前年同月比で全店売上高が-10.4%、既存店売上高

-12.1%、客数-10.9%、客単価-1.4%。


会社の予想では3月までマイナスで、4月からはプラスに

なるそうだが。


前年比の数字は、前年の数字が良いと悪く出るので単純

に比較はできない。


でも、リンガーハットの社長が昨年のゴールデンウィーク

ごろから潮目が変わったと話していた。


その話と、日本マクドナルドの苦戦が重なるのです。


多少の賃上げがあっても、社会保険料、消費税などこれ

から負担が増える。


東日本大震災という大きな災害があったので、消費者

心理は守りに入るのは当然でしょう。


限られた収入で生活しているのですから、お父さんの

お小遣いが減れば、低価格美容室でカットをし、昼食は

お弁当を持っていくのは自然の流れ。


美容室、飲食店など一般消費者を相手にしている方々

は、お客様の消費行動を考えましょう。


やはり、私たち中小企業は勉強あるのみ。


皆様の健闘をお祈りいたします。

このコラムに類似したコラム