美容室の経営・できないことは、できるようになりたい! - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

森 大志
森大志税理士事務所 
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

閲覧数順 2017年04月28日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

美容室の経営・できないことは、できるようになりたい!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般

さきほど、フジテレビで「ふりかえり」という学習方法に

ついて取り上げていた。


美容室に当てはめて考えてみた。


集客で悩んでいる美容室がある。


集客が上手くいかないのはなぜなのか。


その時に、何をするのか。


まず、今までどのような行動をしてきたのかふりかえる


商圏の調査をしたのか。


その結果、どうだったのか。


そして、その結果をもとにどのような行動をしたのか。


チラシを作成したのか。


チラシの内容はどうしたのか。


誰をターゲットにしているのか。


チラシは、どのように配布したのか。


新聞折込なのか。


自分で、手渡ししたのか。


チラシを配布した結果はどうだったのか。


事前の予想と何が違ったのか。


違った場合に、その原因を分析したのか。


チラシで来店してくださったお客様に、お聞きしたのか。


このように、自分が行った行動を徹底的にふりかえるのです。


お客様が来ないと言う結果は同じでも、なぜ来ないかは

千差万別だからです。


50+50=100

30+70=100

90+10=100


結果は同じでも、計算過程は違います。


どうして、お客様が来ないのか。


新規オープンで、お店の存在が知られていない。


他に良い店がある。


メニューに魅力がない。


技術力がない。


不便な場所にある。


お店が狭い。


等々、様々な要因があります。


ここで注意しなければならないのは、問題点をふりかえるのは

いいのですが、だからダメと判断してはいけないのです。


世の中の繁盛店、すべてが揃っているお店ばかりでない

からです。


マイナスをどこで補うかを考えればいいだけ。


-30+130=100


を考えるのです。


やはり、中小企業は勉強ですね。


そして、行動です。


皆様の健闘をお祈りいたします。