「相手軸な叱り方」㉝相手の矛盾を突かない叱り方 - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
越智 昌彦
(研修講師)

閲覧数順 2017年04月29日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「相手軸な叱り方」㉝相手の矛盾を突かない叱り方

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成



※クリックして人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ



「さっき言ったことと、今言っている事って相反しますが、どちらが本当なんですか?」

まるで、刑事ドラマのように、相手の矛盾点を付いて、追い詰める叱り方をする人がいます。
実は、私もこの詰め方をよくやってしまいます。
あらかじめ、議論をするとわかっているような会議などでは、まだいいのですが、叱った相手が素直に受け取らずに、言い訳ばかりし始めると、つい相手の論理のほころびを見つけて攻撃してしまいます。
何とかやり込めて、ぎゃふん(古い!)と言わせたい気持ちが高まります。

勝ち負けにこだわるタイプならば、叱った相手が反抗してきたり、受け入れなかったり、見え透いた言い訳をしてきたら、相手が負けを認める所まで追い詰めたくなることでしょう。(私のこと?)

叱る側の心理としては、理解出来るのですが、ここは「相手軸」に立って考えてみましょう。
たいていの場合、「叱る側」の方が、上位職であったり、先輩であったり、コーチであったり、お客様であったり・・・
立場的には、強い位置にいることが多いですね。
叱られる方が弱い立場にいますから、当然ながら、防衛反応は出てくるはずです。

以前書きましたが、ここで、「叱られることで学ぼうとする人」ならば、叱る方のストレスも少なく、叱ると言うよりは「指導する」「諭す」「戒める」ようになりますし、結果、相手にじっくり考えさせて、次に繋げるように話はまとまります。

しかし「叱られたくない人」は叱られれば叱られるほど、自己防衛反応が強くなりますから、
①良い返事だけしておく
②その場を取り繕う言い訳をする
③まったく聞く耳を持たずに死んだふりをする
④自分意外に責任を押しつけて自分を守る

などの、対応策を採るようになります。
こういう相手の、反論や逃げ口上、言い訳にいちいち付き合うのは、生産的ではありません。
むしろ相手の思うつぼです。

こういう場合は、相手の話の途中で、矛盾点に気がついてもほっておく(無視する)のが一番良いのです。
まずは、最後まで相手の話を聴くのです。

これには、結構精神的な我慢強さが必要ですが、これも相手の為です。
叱り手は、この我慢強さを身につけねばなりません。
相手の話、この場合は「言い訳」を興味を持って聴くことで、相手はどんどん話してくれます。
相手のネタが尽きるまで、聴き続けます。

そして、相手が「もう良いです。もう話すことはありません。全部出し尽くしました・・・」
と言うところまで行ったら・・・

「で、結局あなたは、この件はどうなったら良いと思っていますか?」
「で、あなた自身は何をしますか?」

このふたつを聴くのです。
で、最後に、
「あなたが、具体的な行動をしたら、その結果を私に話して下さい。いつにしましょうか?」
で、まとめます。

私の経験上、相手の言い訳、逃げ口上、責任転嫁については、これで100%、自分の責任と行動に話を戻すことが出来ました。

キーポイントはただひとつ。
「途中で相手の話に矛盾を感じても、とにかく最後まで聴くこと」
です。

話がおかしくなると、自分で気がつくものなんです。
是非一度、試してみて下さい。
論理矛盾を突いて、相手をやり込めるよりも、ムチャクチャ面白いですから(笑)


いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


応援、ありがとうございました!


「相手軸コーチ:松下雅憲」への講演依頼・セミナー依頼・コンサルティング相談につきましては、

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.peopleandplace.jp/


「相手軸コーチ:松下雅憲」って、どんな人?を知りたい方は、AllAbout Profile

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://profile.ne.jp/pf/peopleandplace-matsushita/

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「偽の相手軸」①何の為に相手の心を読むの? 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/12/01 07:25)

「相手軸な人」㉕「売る」のではなくお客様の役に立とう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/05/07 06:26)

「相手軸な話」㉖ひとりの問題は店全体として考える 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/20 05:53)

「相手軸な話」㉓相手をバージョンアップさせる問いかけをする 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/17 05:37)

「相手軸な話」㉒会議で最後の美味しい所を持って行く人 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/16 05:41)