【任意売却】査定は大切 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

高橋 愛子
株式会社シナジー・マネージメント 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

徳本 友一郎
徳本 友一郎
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年10月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【任意売却】査定は大切

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般

こんばんは。(^∇^)



シナジー・マネージメント  高橋です。



物件査定のご依頼がとても多く、


永遠と査定業務に励んでいる今日この頃です。


しかし、この査定という作業は任意売却をするうえで


とても重要な仕事です。


なぜなら、限られた時間の中で、最大限高く売れる


金額を債権者さんに理解していただくよう、正確な査定額を


出す必要があるからです。


それにはそれ相応の根拠も必要。


債権者さんや簡易査定はどうしても机上で行われることが


多く、実際よりも高く査定されることが多いのです。


しかし、机上ではわからないこともあるのです。


机上(きじょう)


とは、字のごとく、机の上で行われる査定。


なので、データや周辺相場で判断されるもの。


不動産は実際に行ってみないとわからないこともあるのです。


例えば、


室内がとても汚い


リフォームが必要


雨漏りがある


近隣環境に問題がある


ペットがいて悪臭がする


など。


そんな欠点があるのに、机上で出た高い金額で売り出しをすると


時間ばかり経ってしまい、結局売れず、競売に・・・


そして、競売で低い金額で落札され・・・


と債務者さん債権者さんにとってとても不利益な結果になること


もあるのです。


ですから、任意売却の仕事の中で【査定】という仕事はとても重要です。



もちろん、高く売れるのが一番。


しかし、実際に机上の査定とかけ離れた数字が出ることもあるので


査定は慎重かつ正確に。


を心がけ、日々せっせと調べています。



そして、日々変わる市場動向もチェックが必要。


いつの時代の価格ですか(?_?)?


という査定が出てくることもあるので、そういった時に


明確に説明できる情報力も身につけなくてはなりません。


不動産って日々変わります。


はい。



そろそろ帰ります。



明日は、早朝からです。頑張りまーす。











  任意売却支援ネット


このコラムに類似したコラム

中古住宅を購入する際の注意点【再建築時に土地・建物が減少する物件】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2013/08/30 17:38)

昭和の建物って、何か良いですね。 信戸 昌宏 - 建築家(2013/07/09 12:00)

【任意売却】ニンバイ物件の勘違い 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2013/04/14 20:42)

自分自身が商品である 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2013/02/20 16:01)

売却前のリフォームは効果的? 楯岡 悟朗 - 不動産コンサルタント(2012/06/14 13:03)