意図しない記事を減らすために広報ができること - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

意図しない記事を減らすために広報ができること

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

意図しない記事によって難しい立場に立たされるということは、広報担当者ならほとんどの人が経験しているのではないでしょうか。そうしたことがないとすれば、取材の立会経験が少ないか、よっぽど記者に恵まれているかのどちらかでしょう。“だまし討ち”は言い過ぎですが、知らないうちに意図されない記事を目の当たりにすることは往々にして起こることです。


なぜ、こういうことが起こるのか考えてみると、そこに両者(記者と広報)の意識のズレがあることがわかります。広報は「ようやく社長に時間を作ってもらった。“顔写真つきの一問一答”でうまくまとめてもらえれば」などと夢想し、そうなるように仕向けます。記者の多くもそうした広報の意図や気持ちを理解し、その実現に協力してくれることもあります。しかし、その一方で取材中に「これはニュースになる(あるいはしたい)」と感じた場合、「それはそれ。これはこれ」と、変わり身の早さを見せます。


「撤退から(他社との)提携までありとあらゆることを検討している」、「A社、B社のほかそれ以外の企業も提携先として検討している」、「(あらゆる可能性を検討しているが、)合併も選択肢の一つだ」・・・。その事業にとっての最善策を「あらゆる角度から検討している」ことを説明しているのであって、必ずしも具体性を伴っているものではないのですが、こうしたコメントは記者の書きたい意欲を刺激するようです。それだけトップの発言は重いということでもあるわけですが、後日、大きな見出しになり、目が点になったことがあります。


こうした経験を踏まえると、意図しない記事を減らすには“取材の最中”にアクションを起こすしかありません。自戒を込めて言えば、取材内容を一言一句、聞き漏らさまいとメモするよりも大事なことがあります。それは、取材応対者が上記のような踏み込んだ発言をした場合、その発言の真意を確認したり、記者に正しく理解してもらうために補足を試みたり、時には牽制したりすることです。言い換えれば社長と記者の情報流通を円滑に進めるための〝パイプ役“としての機能を果たすことです。インタビューが終わってしまった後に、「先ほど話した件は具体的にはこれからで、何も決まっていませんよ」とフォローをしても“後の祭り”です。


無論、“パイプ役”を無事務めたつもりでいても記事になることがあります。最近も「今回は広報からの概要説明なので、記事は事業部門の責任者とのインタビューを踏まえてお願いします」と何度か念を押しながら、セッティングした記者と広報によるブリーフィングの場での話が記事になってしまいました。記者が面談終了後におもむろにカメラを取りだし、広報担当者の写真を撮った際に、その場で「記事は次回の取材を踏まえて」と念を押すべきでした。記者自身から「もし今日の話を記事にするなら本人に確認する」と事前に聞かされていた時点で安心してしまったのが裏目に出てしまいました。


幸い、取材テーマそのものは前向きなもので、すでに他紙でも記事になっている内容だったので、マイナス面の影響は出ませんでした。記者自身も「ポジティブな話なので良かれと思って記事にした」とケロッとしていましたが、説明に臨んだ広報の方の表情は複雑でした。少々稀有なケースですが、これも“意図しない記事”の例として記憶にとどめておきたいものの一つです。


橋本拓志
広報コンサルタント
Twitter ID:@yhkHashimoto
https://twitter.com/yhkHashimoto


クリックをお願いします!












 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

新聞の「面別接触率」 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/12/05 07:23)

不祥事における経営トップの説明責任 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/11/20 12:09)

新製品の発表は「広く浅く」で 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/10/28 08:10)

「決定した事実はありません」 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/09/30 07:42)

緊急記者会見の設定時間 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/09/11 08:34)