女は女のことを知らない! - 恋愛全般 - 専門家プロファイル

夏目かをる
東京都
恋愛アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

女は女のことを知らない!

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛全般

ゴールデンタイムと呼ばれている夜の時間帯に、テレビをほとんど観ない私。
気になるドラマやドキュメンタリー、情報は録画して時間がある時に、くつろぎを兼ねて観る。
ゴールデン以外の芸人番組なら、マツ子と有吉、夏目三久が司会のあの番組ぐらいかな。
でも正月休みや、土日の午後に再放送の番組を、“ながら”でちらちら。
時にははっとする発言に、手を休めて、画面に集中したりすることも。




正月休みだったと思うが、熟年女性に身の上相談する番組があった。
著名な女性達ずらり、なのだが、
この人達の専門分野が良くわからない。
人生の先輩として、年下女子の悩みをバッサリ切る、
つまり人生経験豊かという理由で呼ばれているようだが、
悩みを相談している女性の背景を理解し、心の中まで理解しているのかどうか、よくわからない。
聞いているうちに、いつしか
答えている側が、自分の意見や感想を述べているような気がした。
つまりこれは、悩みに応えているという行動を借りて
熟年女性達が自分自身のことを話しているのだ。「人生の経験者として」という立場をもらって。
私は、こう思います、私は、あなたがおかしいと感じます、私は、こんなことをしません、私は、こんな場合こうします、……
私、私と、私のことしか主張しない。
そのうち、悩み相談のバラエティー番組なのだから、相談に応じるアンサー側に、キャラを打ち出してもらいたいというのが、番組の方針なのだとやっとわかった。




ただ、そのあと、グラドルからエロスアイドルまで昇りつめたあるタレントが登場した時に、驚いたシーンが。
タレントが「ウリ」になる行動の一つを披露すると、
ある著名な高齢女性が「下品だわ」にののしる。
かつて私は、この高齢女性世代以上の方々から、高齢女性がどんなに下品で下劣な行動でのし上がったことを聞かされたことがある。
この方に比べたら、タレントのウリなど、可愛いものだ。
でも、ののしられたため、番組が一瞬、シラけた。
すぐさまこのタレントが「今が旬だと思っています。今だけが蜜月なんです」という賢明な受け答えに、高齢女性も黙ってしまったため、
若いタレントに一本!勝負ついたのに、ほっとした。





私が、私が、と私を主張するのは
何も番組出演の女性だけではない。
女性同士のお喋りを聞いていると、
私が、私がと、主張しながら、相手に常に「共感」を求める。
相手が自分の共感を受け入れてくれるかどうかこそ、女友達を選ぶ指針なのだ。
コスメ、グルメ、ファッション、芸能人、好きなテレビ番組、面白くない番組などなど、
「共感」を前提に、相手の女性の興味を度外視して、
「自分はこれが好き」を、止めどうもなく、話し続ける。
仕事や職場の話、子供のことだと、多少、客観性も含まれるが
でもやはり「私がこう思う」のが主軸だ。
相手に尋ねているつもりが、実は答えを心の中にしまっていて、その答えを引き出してもらいたいというより、「やっぱりそうだよね」という共感を持ってもらうことによって、
自分が正しいという正当性を持てる。安心できる。
だから、女は、他の女のことを知らなくても生きていける。
常に、共感をもってくれる女性を自分の鏡にしているのであれば、自分自身のことも、知らなきてもいいのだ。



「女はお喋り」というのは
女は女のことを知らずに、目の前の相手に「共感」を求め、自分を正当化したいからだ。
お喋りが楽しくて楽しくて、いつまでも喋り続けたいのは、共感が続くからで、その根底にあるのは
「私は大丈夫」という安心感を持ちたいからである。
女が生きるためには、まずこの「安心感」が第一。はっきりいえば、相手なら誰でもよかったりする。
でも、相手に共感だけ求めると、やがて成長が止まってしまう。
やっかいな相手と長い間、つきあっているとストレスフルになり、最悪の場合は、病気にまで及ぶこともあるが、
生きていると必ず不協和音を奏でる相手に出会うのが、人生というもの
この相手を鏡にして、自分のことを知るというのも、
人間関係の「災いを転じて福」につながると考えると気が楽になる。
やっかいな相手や、相性が合わない人とは、いつか縁が遠くなるものだから。





悩み相談の番組で、深いと唸ってしまったのが
尼さんが相談される側で、悩む女性に「仏の教え」を軸に諭すシーン。
仏門に仕える尼さんたちは、仏の教えを学び、修業し、常に仏と自分自身の関係を追及している。時には、仏の目線で己を客観視することもある。
仏の教えから、これまでの自分自身の人生を振り返り、
己の業に気付き、それが人の業全体にも通じることを熟知している。だから、深い。





女は哲学をしなくても生きていける。
「共感」を求め、共感できる相手と歩み続けていけばいいのだ。
女は女のことを知らないけど、
女とは何かを理解できると「そういうことだったのか!」と
相手を学びの対象になり、成長もできる。
また世間を騒がせた挙句、獄中で自殺した“モンスター”のような女性からターゲットにされない、つまり自分自身を守ることにつながる。
先がわからない不透明で混沌とした時代だからこそ、
女が女を知ることが必要なのではないだろうか。









★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
       

  恋愛相談スタートしました!

    夏目かをるの「恋愛相談119」

  http://profile.ne.jp/pf/natsumekaworu/

※オールアバウトPで恋愛アドバイザーもやっています!

 
☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆





--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--

★恋愛連載コラム

「夏目かをるのTree of Love~愛のなる樹」

「Love Lab」サイトTOPページからお入りください!

http://www.smooth-ec.jp/html_lovelab/

--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--



■モバイル版(love lab サイトから「☆モテ女度アップの極上コラム☆」からお入りください)
http://lab.mag.dj/
http://lab.mag.dj/column/ncolumn/ncolumn51html?mad=nb (最新)


■PC版(TOPページ)
http://www.smooth-ec.jp/html_lovelab/?mad=nb
http://www.smooth-ec.jp/html_lovelab/user_data/column51.php (最新)


■スマートフォン版(最新ページ)
http://www.smooth-ec.jp/html_lovelab/user_data/ncolumn51sp.php


--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--













このコラムに類似したコラム

男が「可愛い」と感じる女とは? 夏目かをる - 恋愛アドバイザー(2012/12/11 22:53)

外見コンプレックスを克服する方法 夏目かをる - 恋愛アドバイザー(2013/02/26 22:06)

自信をもって、恋愛や婚活に臨む方法 夏目かをる - 恋愛アドバイザー(2013/02/14 13:48)

元カレ不倫に溺れる女~新連載「溺れる女」スタート 夏目かをる - 恋愛アドバイザー(2013/02/18 10:53)

自信をもって、恋愛や婚活に臨む方法 夏目かをる - 恋愛アドバイザー(2013/02/14 13:48)