将来の相続に備えての質問

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 相続財産

まったく相続等のことはわからないので、ある程度の知識を持つために質問させていただきます。

現在、実家に母と私(妹・未婚)が住んでいて、兄は結婚して別に住んでいます。
父はずっと前に他界していて、住んでいる土地は家族3人の名義で建物は母の名義です。

母が亡くなった場合、
(1)兄もしくは私のどちらかが実家に住む
(2)土地と建物を売って二人で分ける
の2つの方法があると思うのですが、(1)で、私が住むことになった場合、土地の名義人の一人である兄に対して、私はどうした方がその後のために良いのでしょうか?
その土地の兄の分の費用を払う、そのまま二人の名義人でいる、あるいは何か方法がありましたらお教えください。
専門家の方に聞くことではないのかもしれませんが、アドバイスお願いいたします。

回答と関連する事項のコラムをご紹介します

2009/01/21 09:01

くるみ2009 様

初めまして、オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

ご質問への回答と関連するコラムをご紹介します。

お母様がお亡くなりになりますとお母様の遺産の法定相続分は、お兄様が2分の1、くるみ2009様が2分の1です。
これに従って土地を分けた場合には、2分の1ずつの共有になります。建物も2分の1ずつです。

相続人になることができる方
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/33812

相続発生時の相続人の法定相続分は
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/30046

この場合、お兄様がお亡くなりになりますと、奥様とお子様が(お兄様の持分)建物と土地の2分の1を相続することになり、所有権が複雑になります。

代襲相続と代襲相続分
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/30193


従いまして、お母様の相続開始に当たっては、1.2.をお選びなりますようお勧めします。

1.への対応として、お母様の遺産で不動産以外の預貯金や金融商品が多い場合には、不動産をお兄様かくるみ2009様が相続し、相続開始前に保有している土地の持分を購入することで、お一人の所有に出来ます。
また、遺産の多くが不動産の場合には、どちらかが不動産を購入することで、お一人の名義に出来ます。そのための貯蓄を始められるようお勧めします。

2.で不動産を換価してお二人で分けるのが、後々の課題が無くスムースな対応が出来ます。
ただ、売却をお急ぎになると思わぬ低価格になることがありますのでご注意ください。

3.別な方法として、法定相続分に拘らないことが出来ます。
お二人でお話し合いになり、例えば、お母様の不動産は全てお一人が相続し、現在の持分を売買してお一人の名義にすることも可能です。

まだ、お二人ともお若いので相続が発生するのは、遠い先になると思いますが、お兄様とのお話し合いにより、お互いが納得できる方策を刷り合わせください。

相続は相続人全てが納得すれば、どのような比率での分割も可とされます。

遺産分割の形態
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/31200

遺産分割が確定したら分割協議書を作成します
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/31268

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅・土地の権利について 2010/06/07 16:35 | 回答5件
相続時精算課税について 2009/11/24 13:49 | 回答1件
死亡した父名義の家と土地について 2009/10/25 23:48 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
相続財産について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。