成年後見人について お尋ねします。

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 遺産相続全般

私は、89歳と86歳のおじ・おばから「面倒をみてほしい」と頼まれ、今は2人とも施設に入っているものの 身の回りの(服を季節ごと 入れ替えたり、用事を言いつけられたり、家の手入れなど)事をやっています。
2人からは、公正証書にて「家と土地を贈与します」としてくださいました。

2人とは、割りに会話は普通にできますが、最近、「あれ?」と思うような返事が返ってくることがありました。特に、おじは感じます。
また、おばが持っている株について「株の証書があるなら、証券会社に連絡しないと紙切れになってしまうよ」と言うと、「全部 売ったよ」と言いました。しかし、預かっている通帳をみると、きちんと配当金が入金されているではありませんか。
故意なのかどうかは わかりませんが、この先のことを考えると、「成年後見人」になっておいたほうが 良いのかな、と思いましたが、「面倒」ということも聞いた事があります。
よく分からない預金も存在しますが、どうしたらよいでしょうか。

成年後見人について

2006/09/12 19:38

はじめまして。
雫行政書士法務事務所の近藤です。
早速ですが、ご相談内容につきまして、回答をさせていただきます。

まず、成年後見制度は、大きく分けると「法定後見制度」と「任意後見制度」の2つがあり、
さらに、「法定後見制度」は、「後見」「保佐」「補助」の3つがあり、
「おじさん」「おばさん」の判断能力の程度などにより、選べるようになっています。

「おじさん」「おばさん」の判断能力の程度がわかりませんので、
どの制度を選ぶかは、何とも言えませんが、
法務省の次のサイトへ「成年後見制度」の解説がありますので、
参考にしてください。
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji17.html

また、「手続」についての説明も載っていますので、併せて、ご確認ください。

なお、「よく分からない預金」についてですが、
「おじさん」「おばさん」や、ご親族の方に聞いて頂くしかありませんが、
どのようなものかはっきりわかるまでは、手を付けるべきではありません。

最後になりますが、「法定後見制度」は、
「おじさん」「おばさん」の権利を守るための制度ですので、
「面倒」なところも確かにありますが、
「おじさん」「おばさん」のために、
どのような保護・支援が必要かなどの事情に応じて、より良い判断をされることを願っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

自宅兼店舗の贈与について 2010/01/15 14:59 | 回答1件
生前贈与について 2008/07/10 21:05 | 回答2件
住宅・土地の権利について 2010/06/07 16:35 | 回答5件
土地の贈与について 2010/02/24 15:15 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺産相続全般について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。