代襲相続人を排除する方法

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 遺留分

高齢の父と同居していた兄弟が、7年ほど前に、父に無断で数千万もの貯金を引き出して、自分の子供を受取人に指定した生命保険に加入したり、贅を尽くした生活をしていたことが昨年発覚しました。
発覚のきっかけは、この兄弟が病気になり、父との同居を放棄し、父の通帳などすべて入院先に持ち込んだことからです。
ようやく年金が振り込まれる通帳だけは取り返せましたが、1円の返金もなされないまま、兄弟は他界しました。その後、この兄弟の実子は、不法行為を知りながらも、受け取った保険金や、残された預貯金を返還せず、現在、原告が父で、兄弟の相続人であるこの実子相手に損害賠償請求の訴訟中です。

たとえこの訴訟において和解となり、一部の預金が父に返還されたとしても、父が亡くなれば、この不法行為に及んだ兄弟の実子は代襲相続人となるわけです。
そこで、代襲相続人を排除したいと、父も考えており、半年前に公正証書遺言を作成しました。
しかし、生前に排除の申し立てをするほうが確実なのでは、と思います。

そこで質問ですが、代襲相続者にも遺留分を求める権利はあるのでしょうか?
また、最近認知症の初期と思われる症状が時折出てしまう父(任意後見契約を姉が結んでいます)が
、裁判所に代襲相続排除の申し立てをすることは可能でしょうか?
父は自分の、亡き子供の不法行為はよく理解しており、自らの意思で訴訟に踏み切っていますが、それから半年以上過ぎてしまい、上記のような症状が出るようになりました。

よろしくお願いします。

代襲相続者にも遺留分を求める権利はあります

(4.0) | 2011/10/07 10:26

川崎で行政書士をしている者です。

代襲相続者にも遺留分の規定は準用されているので、
遺留分を求める権利はあります。

相続人の廃除を希望する場合、生前に申し立てをした方が、
お父様本人も直接に説明できますし、質問にも答えられますから、
確実かはわかりませんが、安心して心残りなく、今後の生活を
送っていくことができるように思い、お考えの方向で
進められてよいのではないかと思います。

認知症の件は、意思があって判断ができる状態であれば、
申し立てることはできますが、今後の進行の可能性も考えると、
早期に弁護士に依頼して、代理人になってもらった方が
いいかもしれまん。

なお、代襲相続人に非行があって、廃除が認められても、
その子がいる場合は、その子に相続権が発生しますので、
その点はご注意ください。

評価・お礼

tiinatuさん (2011/10/08 11:14)

ご回答ありがとうございます。
弁護士にさっそく相談しようと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

代襲相続人を排除する方法 2011/09/30 10:36 | 回答1件
遺産相続について 2011/04/19 11:58 | 回答1件
相続協議について質問です 2010/11/16 00:23 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺留分について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。