「簿記」の専門家コラム 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「簿記」を含むコラム・事例

251件が該当しました

251件中 1~50件目

代行入力の限界も

おはようございます、今日はイタリア料理の日です。 飲食業界、はやく元気になりますよう。 経理についてお話をしています。 ソフトの普及に伴い、知識が不足することによる誤りも出ていることに触れました。 昨日のような事例は、自分で経理処理をするタイプのソフトで起こっています。 一方、最近では「領収書等を写真で撮って送ると処理をしてくれる」というサービスもあり...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/09/17 07:00

いとも容易く誤りを生み出す環境

おはようございます、今日はオゾン層保護のための国際デーです。 気象変動について宇宙レベルからの理解も大切らしいですね。 経理についてお話をしています。 便利になった反面、ちょっとした弊害も出ている件について。 税理士をしていると、たまに「自分でここまではやった」という会計帳簿を見ます。 納税者当人が経理ソフト等を使って、自分なりに処理をしてみたのですね...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

手軽さゆえの怖さも出てきた

おはようございます、今日はひじきの日です。 オトナになって好きになった食材のひとつです。 経理についてお話をしています。 数十年という時間をかけて、IT化の恩恵を最大限享受したのが経理業務です。 一方で、簡単に処理をできることでの弊害も出ています。 まず顕著なのは、会計に関する理解の浅いまま経理を行う人の増加です。 本来、経理業務はそれな...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

経理をめぐる50年

おはようございます、今日は重陽の日です。 奇数が陽という陰陽の考え方は、結構面白いな~とあらためて。 経理についてお話をしています。 まず経理をめぐる、この50年くらいの変化について。 すごくざっくりとまとめれば「経理処理がどんどん簡単になっていった50年」です。 50年前:多分ほとんど手書き。転記ミスとかザラ。処理もとんでもない時間がかかる。...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

持ち出した1万円の行方

おはようございます、今日はテレワーク・デイです。 なるほど、本当は今日からがテレワークの本格稼働日だったのですね・・・ 廃業についてお話をしています。 社長がレジからお金を持ち出して呑みに行っちゃうと、どうなるの? 少し前に複式簿記のお話をしていました。 例えば「社長に役員報酬を現金で40万円支払った」という場合には 役員報酬(費用) 4...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/07/24 07:00

自分でやるのが辛ければ、税理士にでも

おはようございます、今日はオカルト記念日です。 オカルトに分類されていたものの中にも、時代経過で評価が変わったりしたものもあります。 複式簿記についてお話をしてきました。 会計ソフトの普及により、その使い勝手が大きく伸びたこと。 きちんと会計処理を行い、決算書等を作成することで色々な可能性が開けること。 税金の控除など、直接的なメリットがあることにも触れました...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

各種計画書

おはようございます、今日はラジオ本放送の日です。 地元ラジオへの出演も、気がつけば10年を超えております。 複式簿記についてお話をしています。 数字に現れない訂正情報を表示する方法について簡単に。 注記や税理士の書面添付以外に、最近ではいろいろな計画書の重要性も高まっています。 所定の計画書を策定し、一定の認定を受けると ・かなり有利な節...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

税務署、金融機関、そしてお客様と税理士にも有用

おはようございます、今日はラーメンの日です。 北海道で食べた醤油ラーメン、美味しかったなぁ・・・ 複式簿記についてお話をしています。 定性的な情報を記載する資料として「税理士による書面添付」を紹介しています。 この制度における最大の目玉は、税務調査の省略です。 事前にこちらの資料を記載し、提出をしておくと、税務署が気になる点が出てきた時に ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

税理士による書面添付

おはようございます、今日は色々な油の記念日です。 最近の若人は、そんなに脂分を摂らない感じなのですかね・・・ 複式簿記についてお話をしています。 数字に出ない情報を記載する注記覧について紹介をしました。 注記覧は、どちらかというと大手企業がよく使っている欄です。 中小企業や個人事業主の場合、同じような意味をもつ資料として ・税理士による書...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

注記

おはようございます、今日は日本初の温水プールが誕生した日です。 先日、久しぶりに泳ぎましたが・・・疲れたなぁ。 複式簿記についてお話をしています。 数字に出てこない定性的な情報について触れ始めました。 決算書には、注記と呼ばれる欄があります。 数字がずら~と書いてある後ろの方に書かれています。 ここには ・どういう基準に従って会計処...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

数字に出ない情報

おはようございます、今日は中国茶の日です。 冷たいお茶を飲む習慣はないそうですね。 複式簿記についてお話をしています。 取り入れるメリットや作成される資料について、網羅的に話をしてきました。 最後に「複式簿記ではフォローできない決定的な情報」について紹介します。 簿記というのは、あくまでもお金の動きを記録するための技術です。 従って、お金の動きに...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/07/08 07:00

やっぱりお金の裏付けは大切!という反省

おはようございます、今日はカルピスの発売が始まった日です。 我が家に常備されている、数少ない甘い飲み物です。 複式簿記についてお話をしています。 第三の書類、キャッシュフロー計算書について紹介をしています。 もともと、このキャッシュフロー計算書は、ある反省から産まれた資料とも言われています。 会計の世界では、一時期「時価会計最高!!」という風潮がもては...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

区分ごとの意味

おはようございます、今日はナンの日です。 チーズナンが大好きです。 複式簿記についてお話をしています。 キャッシュフロー計算書の機能について簡単に。 ・営業キャッシュフローについて ここがプラスであることは、事業を継続するに当たって大前提となります。 マイナスの場合、そもそも本業でお金を得られていないということです。 売上や仕入れに関する決...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

キャッシュフロー計算書の区分

おはようございます、今日は穴子の日です。 白焼き、好きです。 複式簿記についてお話をしています。 資金繰りについてまとめたキャッシュフロー計算書について紹介をしました。 キャッシュフロー計算書は3つの区分に分かれています。 ・営業キャッシュフロー 売上や仕入れ、人件費など日常的な取引による資金繰りがわかります。 ・投資キャッ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

第三の書面

おはようございます、今日はシーザーサラダの日です。 野菜はそのまま食べることが一番多いかも。 複式簿記についてお話をしています。 限界として、資金繰りがわからないことについて触れました。 繰り返しになりますが 貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう):持ち物について 損益計算書(そんえきけいさんしょ):利益について 複式簿記で完成す...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

こんなときに黒字倒産が起こる

おはようございます、今日はソフトクリームの日です。 あぁ、チョコパフェ食べたい。 複式簿記についてお話をしています。 黒字倒産について、ごくごく簡単な事例を紹介しました。 黒字倒産は、こんなときに起こりやすいです。 1.売上の入金が先延ばしにされたとき 当てにしていた入金がなくなることで、手元のお金がなくなってしまいます。 ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

黒字倒産の事例

おはようございます、今日は蛸の日です。 釣りたてのものは、格別の味です。 複式簿記についてお話をしています。 その限界に触れるために、黒字倒産について簡単に。 黒字倒産は、こんなときに起こります。 1.とある大口案件を受けて、3億円の売上を計上。代金の回収は半年後。 2.その売上をあげるために、色々な経費を2億円計上。代金の支払いは三ヶ月...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

資金繰り

おはようございます、いよいよ今年も後半戦。 良いことが続くことを願います。 複式簿記についてお話をしています。 有効な技術ではありますが、その限界についても知っておく必要があります。 複式簿記により完成する貸借対照表と損益計算書では、わからない情報があります。 その主なものが資金繰りに関するものです。 資金繰りというのは、その会社のお金が...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

複式簿記の限界について

おはようございます、今日は夏越の祓です。 いやほんと、いろいろと祓って欲しいものです・・・ 複式簿記についてお話をしています。 日常的に複式簿記で処理をすることで、非常時にも耐性が高まることを紹介しました。 ここで、複式簿記だけでは到達できない部分について簡単に。 複式簿記を採用することで、正しい決算書を作成することができます。 決算書は二種類に...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

持続化給付金

おはようございます、今日は佃煮の日です。 シンプルなノリのやつが好きです。 複式簿記についてお話をしています。 複式簿記の採用をしていない時点で、色々と諦めている点が多いことに触れています。 ここ最近で一番顕著な事例が「持続化給付金」です。 昨年と比べて当年の売上が半減していれば、個人で100万、法人で200万もらえるというアレです。 こ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/06/29 07:00

ほかにも事業に関係する制度は山ほどある

おはようございます、今日はパフェの日です。 あぁ、甘いもの食べたい・・・(甘党の酒好きです) 複式簿記についてお話をしています。 税務署と金融機関に正しく対応するためにも、まず複式簿記の採用をば。 2つの大きな利害関係者について触れましたが、実は複式簿記は他にも色々と関係します。 近年、事業者向けの支援制度というのは、本当に色々なものがあります。 ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

複式簿記の採用でやっとスタートラインに立てる

おはようございます、今日は零細・中小企業デーです。 小さなお仕事がたくさん育つような社会の構築に、税理士として関わりたいものです。 複式簿記についてお話をしています。 きちんと金融機関と話をしたいと思ったら、複式簿記の帳面は必要不可欠です。 税務署などの課税庁:複式簿記で税金を安くしてあげるよ 金融機関:正しい帳面をつくっていれば、それだけきちんと審査...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

最低限読んでもらえる帳面があるか?

おはようございます、今日は雷記念日です。 稲作と雷の科学的な関係について知ったときは、昔の人の叡智を感じました。 複式簿記についてお話をしています。 経営者は「会計帳簿を作り、使えなければならない」という点について簡単に触れました。 ここで大前提となるのが「最低限の帳面があること」です。 最低限の商売を始める程度であれば、単式簿記の適当な帳面でも良いの...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

作る人と使う人の立場

おはようございます、今日は指定自動車教習所の日です。 気がつけば、免許をとって四半世紀が過ぎようとしています。 複式簿記についてお話をしています。 会計帳簿を作る人と使う人がいる、という話をしました。 両者は常に分割されているわけではありません。 例えば私の場合、作りながら読み解き、それをお客様と共有しています。 税理士という職業に携わる人は、そ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

帳面には2つの側面がある

おはようございます、今日はドレミの日です。 一応、絶対音感者です。 複式簿記についてお話をしています。 正しい会計帳簿の必要性が年々高まっていることに触れました。 最初に確認をしたいのは、帳面には2つの関わり方があるということです。 ・帳面を作る 簿記の技術を用いて、会計ソフト等で帳面を作る側面です。 職業的には、経理分野の人や税理...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

これまで以上に会計帳簿の役割が大きくなってきた

おはようございます、今日は昭和新山の誕生日です。 数十年単位でも、地形というのは結構変わっているのですね。 複式簿記についてお話をしています。 個人事業主が青色申告を申請し、複式簿記を採用すれば結構な節税になることを紹介しました。 この「青色申告特別控除」の特典は、複式簿記を採用するもっともわかりやすいメリットです。 税金という、誰しもが嫌いなコストを...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

10万円程度の節税は割と簡単にできます

おはようございます、今日はボウリングの日です。 長男がボウリング部ですが、もう二度と一緒にはいかない!!(ボロ負けしたから) 複式簿記についてお話をしています。 個人事業主の青色申告特別控除について簡単に。 複式簿記を採用して電子申告を行い、65万円控除が受けられたとします。 イメージとしては「経費が65万円増える」と考えて、それほど間違ってはいません...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

控除は10万円から65万円まで

おはようございます、今日は夏至です。 そうか~もう今年もそんな時期か・・・色々ありすぎて、ここまでバタバタでした。 複式簿記についてお話をしています。 個人事業主が、青色申告をして複式簿記を採用すると控除が受けられることに触れました。 この青色申告特別控除ですが、幅があります。 10万円~65万円まで、帳面や申告方法により受けられる金額が決まります。 ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

税務上の特典

おはようございます、今日はペパーミントの日です。 あぁ、北海道、行きたいなぁ・・・はやく行けるようになるといいなぁ・・・ 複式簿記についてお話をしています。 会計ソフトを使って複式簿記を採用すれば、かなりちゃんとした帳面が出来上がります。 で、ここから先が具体的な特典です。 実は、個人事業主が複式簿記による会計帳簿を作ると、それだけで税金が安くなります...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

会計上の取引にならないものもある

おはようございます、今日は元号の日です。 令和も気が付いたら一年以上経ってしまいましたね・・・ 複式簿記についてお話をしています。 仕訳について学び、会計ソフトを正しく使えれば、簿記の使い勝手はとても良くなります。 もうひとつ、取引という言葉について補足があります。 日常的に使う取引という言葉と、会計上の取引には少しだけ差があります。 例えば・・...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/06/19 07:00

ただし、基礎は必要です

おはようございます、今日はおにぎりの日です。 天むすが好きです。 複式簿記についてお話をしています。 会計ソフトの誕生により、簿記の使い勝手は劇的に向上したことをお伝えしました。 ただし、会計ソフトがどれだけ普及し、使いやすくなっても注意は必要です。 やはり、基本的な簿記の知識がないと、正しい帳面には到達できません。 例えば、なんの知識も...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

会計ソフト、超便利です

おはようございます、今日はおまわりさんの日です。 「ドラマや漫画の警察官階級」とかみると、意外な人が結構えらかったりしますね・・・ 複式簿記についてお話をしています。 簿記の勉強をするに当たり、会計ソフトの誕生は本当に大きな意味を持っています。 昨日の繰り返しになりますが、簿記の勉強は「仕訳」と「仕訳の転記や集計の手続き」です。 そして、転記や集計は手...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

簿記学習の半分は、手続き論である

おはようございます、今日は和菓子の日です。 子供の頃、すあまが好きだったなぁ・・・ 複式簿記についてお話をしています。 仕訳について理解をできれば、そこから先についてはなんとかなる、と書きました。 実は、簿記の勉強は大きく2つにわかれています。 ・取引をもとにして仕訳を切る勉強(仕訳から取引を理解する勉強) ・仕訳を所定の方法に従って転記...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

仕訳から先の作業

おはようございます、今日は米百俵デーです。 明治のころでも、やはり米は産業の基盤だったのですねぇ・・・ 複式簿記についてお話をしています。 仕訳の重要性について、色々な側面から触れました。 ここで、いわゆる「簿記」の学習的には、この先に進む必要があります。 大まかに、こんな流れです。 1.日々の取引について、仕訳で記録を取り続ける ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/06/15 07:00

仕訳は会計の基礎にして奥義

おはようございます、今日はABO式血液型の日です。 我が家では、結構な偏り具合をみせております・・・ 複式簿記についてお話をしています。 借入金の返済について、仕訳をもとに考えてみました。 この仕訳ですが、会計を学ぶに当たっては、一番の基礎です。 そして、これが奥義でもあります。 どのような難しいやりとりであっても、そこに金銭的な価値の増...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/06/14 07:00

「借金の返済が経費になる」のであれば・・・

おはようございます、今日は小さな親切運動スタートの日です。 こういうご時勢で、あらためて「親切」という言葉の意味が問われているかと。 複式簿記についてお話をしています。 余談として、借入の返済がなぜ経費にならないのか、仕訳から考えています。 仮に「借金の返済が経費になる」としたら、それはこんな世界です。 ・借りたとき 預金(資産) 100万円 /...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/06/13 07:00

「なぜ借金の返済は経費にならないのか?」を仕訳で考える

おはようございます、今日はバザー記念日です。 しばらくはこういうイベントも開催ができないのでしょうね・・・ 複式簿記についてお話をしています。 どんなに珍しい取引でも、二面性を捉えて仕訳で記録することを紹介しました。 ここで、ちょっと脇道にそれます。 「なぜ借金の返済をしても経費にならないのか?」について、仕訳で考えてみます。 借金をした...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/06/12 07:00

難しい取引も仕訳で考える

おはようございます、今日は学校図書館の日です。 三男は、よく本を借りてきています。 複式簿記についてお話をしています。 取引から仕訳を、仕訳から取引を考える習慣について紹介しました。 どんな取引にも二面性がある点は、以前にも触れています。 あまり一般的でない取引も、仕訳で表現ができます。 ・買収した子会社の事業が失敗に終わり、株式の価値が...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/06/11 07:00

取引から仕訳を考え、仕訳から取引を想像する

おはようございます、今日はミルクキャラメルの日です。 歯の詰め物がね・・・何回かとられました。 複式簿記についてお話をしています。 すべての取引は、仕訳という方法により記録されます。 仕訳で物事を考えることができるようになると、お金の流れが理解しやすくなります。 まず練習として「この取引はどんな仕訳になるのかな?」と考えてみます。 ・取引...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/06/10 07:00

仕訳

おはようございます、今日はまがたまの日です。 お土産物は、色によってご利益が違うときいたような。 複式簿記についてお話をしています。 わかりにくいものも含め、すべての取引には二面性があることに触れました。 この取引の二面性を、漏らさず記録するのが仕訳(しわけ)と呼ばれる方法です。 ありとあらゆる会計処理の基本は、この仕訳により成立しています。 例...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/06/09 07:00

少しわかりづらい取引もあります

おはようございます、今日は成層圏発見の日です。 コロナだけでなく、バッタ騒動なんかも問題になっています。 複式簿記についてお話をしています。 すべての取引には二面性があり、それをもらさず記録するのが複式簿記です。 取引ですが、中には少しわかりづらいものもあります。 ・車を使い続けた 走り続けることで、車は少しずつ傷んできます。 車と...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/06/08 07:00

取引の二面性をもらさずに記録する

おはようございます、今日は荒木飛呂彦先生の誕生日です。 1960年生まれで、多分1980年ころには石仮面をかぶっていたのでしょう・・・ 複式簿記についてお話をしています。 単式簿記で完全な決算書を作ろうとすると、それはそれは面倒なことになります。 再度の確認ですが、すべての取引には二面性があります。 ・売上をあげて、現金が増えた 現金アッ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/06/07 07:00

持ち物についても単式簿記で集計をするのか?

おはようございます、今日は飲み水の日です。 ペットボトル式の浄水器とか、結構売れたみたいですね。 複式簿記についてお話をしています。 単式簿記で税金の申告をしていると、持ち物情報が失われることに触れました。 この欠点を単式簿記で穴埋めするには、次の方法しかありません。 ・現金、預金、売掛金、固定資産、買掛金、借入金といった持ち物情報について ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/06/06 07:00

いくら借金をしているのかわからないのに、またお金を借りる

おはようございます、今日は国立国会図書館の開館日です。 こういう状況になって、あらためて書籍のもつ意味を色々と考えました。 複式簿記についてお話をしています。 単式簿記で利益を計算すると、持ち物情報が欠落することに触れました。 「とりあえず税金の計算をするために、売上と経費だけ集計をしている」 そんな状態で毎年の所得税申告をしている人は、決して少なくあ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

持ち物の情報がない

おはようございます、今日は武士の日です。 刀を振る身ではありますが、なかなかに難しい概念です・・・ 複式簿記についてお話をしています。 利益計算だけなら、収益と費用を単式簿記で集計してもなんとかなります・・・が。 この方法論で利益を計算した場合、次のような結果になります。 ・確かに、会計においてもっとも重要な情報である利益の数字は計算できる ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/06/04 07:00

利益計算だけなら、単式簿記でもなんとかなる

おはようございます、今日は計量の日です。 原子時計の話とか、狂気を感じますねぇ・・・ 複式簿記についてお話をしています。 単式簿記で集計を続けることに、なんの問題があるのでしょうか? 例えば、簿記の最終的な目標を「利益を計算する」ことだけに絞ってみます。 利益、つまり儲けの金額を計算するためには ・すべての収益(売上や利息など)について集...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/06/03 07:00

単式簿記では、情報の片方が取りこぼされる

おはようございます、今日はオムレツの日です。 この自粛期間を通じて、凝りに凝った方とか多そうな料理ですね。 複式簿記についてお話をしています。 すべての取引には、二面性が存在することを紹介しました。 単式簿記というのは、文字通り単式、つまり 「取引の一方に注目して記録をする」 という技術です。 例えば単式簿記で「売上」を集計...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/06/02 07:00

すべての取引には二面性がある

おはようございます、今日は写真の日です。 年々、家族の写真というのは減っていくものですね・・・ 複式簿記についてお話をしています。 単式簿記の機能と、限界があることに触れました。 一つの取引には、必ず2つの側面があります。 例えば「手元の現金が1万円増えた」という情報だけが与えられたとします。 皆さん、当然次のような疑問をもつことでしょう。 ...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/06/01 07:00

単式簿記は「ひとつの項目の増減」に注目をする

おはようございます、今日は古材の日です。 家にある端材で棚なんかを作るのは、結構好きです。 複式簿記についてお話をしています。 家計簿やお小遣い帳のような「単式簿記」帳簿の紹介をしました。 単式簿記の帳簿は、色々な取引について、一つの要素に注目をしてその増減を記録します。 ・お小遣い帳や家計簿 現金や預金の残高に注目し、その増減について記...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2020/05/31 07:00

お小遣い帳や家計簿

おはようございます、今日は2ちゃんねるの開設日です。 日本独自のネット文化も、なんと20年以上前(1999年)のことなのですね・・・ 複式簿記についてお話をしています。 簿記にも色々と種類がありますが、ここでは一番シンプルなものを取り上げていきます。 まず、みなさんが最も親しみのあるであろう簿記について考えてみます。 皆さんの中には ・お...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

251件中 1~50 件目

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索