「使用者賠償責任」の専門家コラム 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「使用者賠償責任」を含むコラム・事例

9件が該当しました

9件中 1~9件目

  • 1

御社の福利厚生制度の充実が図れます!

万一の事故に備えて、労災上乗せ保険に加入することも検討しましょう。 理由として、強制保険の政府労災だけでは不足が生じる可能性があります。 これは、従業員等(被用者)が死亡した場合にお支払いする保険で、 政府労災の不足を上乗せ労災保険でカバーする保険です。 労災保険からの補償は、治療費や休業補償、遺族補償等となります。 そして、合わせて使用者賠償責任保険を付帯しましょう!! 理由として、...(続きを読む

小島 雅彦
小島 雅彦
(保険アドバイザー)

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に伴う損害に対する保険の補償範囲

限られた情報ですが 新型コロナウイルス感染症に伴う損害に対する保険の補償範囲は、 「企業向け」と「個人向け」で大きく異なる。 (1) 企業向け商品   ① 一般の火災保険における休業補償では、感染症の特約があっても補償されない可能性が高い。 通常、補償される感染症を明確に列挙している契約となっているが、新型肺炎は含まれないためである。 ...(続きを読む

小島 雅彦
小島 雅彦
(保険アドバイザー)

役員賠償保険が急拡大 訴訟に備え!!!

企業の役員が不祥事などで訴えられるリスクに備える会社役員賠償責任保険が急拡大している。 役員による損害を補償するには、 会社役員賠償責任保険(D&O保険)です。   会社役員賠償責任保険(D&O保険)は、 会社役員としての業務の遂行に起因して、 保険期間中に損害賠償請求(会社、株主、第三者に経済的損失などを与えた場合) がなされたことによって被る損害を保険期間中の 総支払限度額(保...(続きを読む

小島 雅彦
小島 雅彦
(保険アドバイザー)

ガス爆発による損害(その時の賠償は?備えは?)

「ガス爆発は失火法の適用対象外」 失火の原因は何か? ガスコンロの火が延焼して火災が発生した場合には、 原因は火なので失火になりますが、 ガス自体が爆発し、その爆風によって周辺に被害を与えた場合は、 原因は爆風なので失火にあたらず、失火責任法が適用されない。 ガス爆発の損害について、 建物は火災保険の基本契約で補償され、 車は車両保険、 人は傷害保険や生命保険で補償。...(続きを読む

小島 雅彦
小島 雅彦
(保険アドバイザー)

重機の保険って?(建設機械等)

重機(建設機械・油圧ショベル等)とは、 パワーショベルやクレーン車、ブルドーザー等の他、工事現場などで使用されるもので、 ナンバーありと(タイヤ付き) ナンバーなしの(キャタピラ)施設内だけで使用する重機があります。   いずれも、対人・対物補償があり、自動車保険で対応可能です。 第三者に対する賠償責任が補償の対象です。 搭乗者(オペレーター)にも、しっかりと補償を付帯しましょう。 ...(続きを読む

小島 雅彦
小島 雅彦
(保険アドバイザー)

企業の防衛(ハラスメントを保険で備える)

「パワハラ・マタハラ等での損害賠償」での雇用トラブルに備えて保険に加入するには、 労災上乗せ保険の特約、 「雇用慣行賠償保険」です。 仕事場でトラブルになり、 訴訟に発展して、被害を訴えられた事業主に損害が生じます。 その要因として、 「個別労働紛争解決制度」や 「労働審判制度」というものがあります。 一般の方がこういった制度を活用する事で、企業の方が負うリスクは年々増加して...(続きを読む

小島 雅彦
小島 雅彦
(保険アドバイザー)

使用者賠償責任保険と上乗せ労災保険の必要性

上乗せ労災保険と使用者賠償責任保険の必要性は? 「上乗せ労災保険」http://profile.ne.jp/w/c-116499/ 万一の事故に備えて、労災上乗せ保険に加入することも検討しましょう。 理由として、強制保険の政府労災だけでは不足が生じる可能性があります。 これは、従業員等(被用者)が死亡した場合にお支払いする保険で、 政府労災の不足を上乗せ労災保険でカバーする保険です。 ...(続きを読む

小島 雅彦
小島 雅彦
(保険アドバイザー)

社長!上乗せ労災保険加入してますか!!

政府労災保険とは、強制加入となる労災保険の事です。 政府が運営している保険で、「政府労災」とも言われています。 自動車保険で言う自賠責保険とお考え下さい。 では、なぜ上乗せ労災が必要か? 政府労災保険の給付はあくまで最低水準となっており、 ケガをした従業員が福利厚生制度における補償では納得せず、訴訟になるケースが多くなってるからです。 労災は大きく分けて業務災害(業務上の災害)と、通勤...(続きを読む

小島 雅彦
小島 雅彦
(保険アドバイザー)

保険 見直し 数字から見る

保険 見直し 数字から見る 今日は「労働災害発生状況の推移」についてです。 死傷者数 平成9年・・・156,726人 平成10年・・・148,248人 平成11年・・・137,316人 平成12年・・・133,948人 平成13年・・・133,598人 平成14年・・・125,918人 平成15年・・・125,750人 平成16年・・・122,804人 平成17年・・・120,354人 うち死...(続きを読む

森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)

9件中 1~9 件目

  • 1

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索