「隣地 高低差」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

宮里 恵
宮里 恵
(ファイナンシャルプランナー)

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

30年の経験を活かし、不動産を通じてあなたを幸せにします。

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)
深澤 熙之
深澤 熙之
(建築プロデューサー)

閲覧数順 2019年06月18日更新

「隣地 高低差」を含む検索結果一覧

44件が該当しました

利用者からのQ&A相談

隣地の解体工事による擁壁倒壊の際の補償について教えて下さい

初めて相談させて頂きます。【経緯】私は擁壁のある土地を購入し、新築戸建を1年半前に建築しました。この夏から隣地の解体工事が始まり、その際に地盤高を下げるために当方の擁壁の基礎が見えるくらいまで掘削をしていました。支えもしないで大丈夫かなと思っていた矢先、当方の擁壁が崩れ、当方の地盤が隣地に流出し建物の基礎が見えるレベルまでになってしまいました。直角型に別面の擁壁もあるのですが、そちらも引っ張られて...

回答者
小松原 敬
建築家
小松原 敬

隣接地の造成工事中に我が家の擁壁崩壊

隣の家と、我が家は1mくらいの高低差があります。隣地との間に昔からある擁壁の大谷石あり、その上にブロック3段を積んで、フェンスを建てていました。ちなみに、我が家は2年目の築浅住宅になります。そして、左右の住宅も同じような感じで擁壁が立っています。解体が始まり、その際に隣接している土地と家の境界線を跨いで、側溝があったのですがそれを取ってもいいでしょうか?と解体業者からの連絡があったので、取ってもい...

回答者
福味 健治
建築家
福味 健治

傾斜地での地下室、3階建て建設について

東京都大田区で約45坪の土地の購入を検討しています。建蔽率60、容積率200、第2種中高層の土地です。築40年ほどの古家が建っています。西接道(接道幅10m、道路幅6m)で、南から北に向かっての傾斜があり、間口10mでの高低差が1.5mほどあります。つまり右(南)から左(北)にそこそこの傾斜があるようです。南側(築40-50年RCが建っている)との境界には約2メートルの擁壁(基礎?)があり、北側(...

回答者
小松原 敬
建築家
小松原 敬

中古住宅を購入するべきか

現在、中古の一戸建てを購入するか検討しておりますが、今後のリフォームや建替え費用を考えると新築やマンションの方が良いのかと悩んでおります。私は、29歳仙台市在住、公務員で年収450万程です。子供が2人おり、妻は4月からパートで働く予定です。今はアパートを借りておりますが、手狭で子供の足音とかも気になっています。そこで、一戸建てを購入し、子供が自由に遊べる環境にしたいと思っています。中古の一戸建ては...

回答者
山田 大史
代表サポーター
山田 大史

不動産売買について

何かアドバイスがあればよろしくおねがいいまします。8月に仲介業者、建築業者も立会いのもと売地の測量をしてもらいました。翌月には(2週間後)には契約ができます。契約時には手付金、その後何週間(?)以内に残金を払ってもらいますと言われていました。その直後、その土地を相続する方の一人がお亡くなりなり、このため実際の契約が延期となりました。相続する方がなくなったことに関しては仕方がないと思うのですが、最近...

回答者
藤森 哲也
不動産コンサルタント
藤森 哲也

専門家が投稿したコラム

外構工事がスタートしました。

外構工事がスタートしました。 先ずはブロックからですね。 ブロックのベースのベースと言ったところでしょうか。   この外構工事はセミナーなどでお話する機会の多い部分ですよ。 家を建てる際に一番最後に考える所で、かつ資金的に非常に重要な所でも あるからです。   予算内に収まった!良かった!と思っていても、この外構工事で予算オーバー・・・ 何てことザラですからね。   同じ...

信戸 昌宏
執筆者
信戸 昌宏
建築家

玄関周り

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 今日から営業です。   玄関周りです。 今回は300角のタイルを張る予定です。 玄関周辺は道路と敷地の高さによって階段の段数が変わって来ますね。   そんなに高低差を感じなくても、そこそこの段数になったりしますよ。 今回の現場は敷地と道路の高さがほぼ一緒なので階段の段数には 気を使わなくて良さそうです。   ...

信戸 昌宏
執筆者
信戸 昌宏
建築家

斜面に立つ家のような高低差を楽しむ家 クライアント物語編(2/3)

家を建てるために!これだけは!(第57話)            ≪ステップ8≫【事前工事】 土地にかかる費用って?まだまだあるの?  クライアント物語編(2/3)   ~斜面に立つ家のような高低差を楽しむ家~    設計打合せも進み、確認申請も終え、工事を着工する前に金額調整を行い、着工時の予算を決めます。  その時点で重要となってくるのが、事前工事と呼ばれる着工前にやっ...

森川 稔
執筆者
森川 稔
建築家

2階が特に快適な賃貸併用住宅の現在の実例です。

建築現場での施行打合せの様子です。 今回は、自宅+2つの賃貸からなる賃貸併用住宅です。 防水シートの作業が終わっており、今回の雪の影響は出ていません。 工事現場では、建物の周りに足場を組み、建物と足場が青色などのシートで覆われいるため、一段と大きな建物に見えます。 足場が取れると、音も静かになり、隣人の人もほっとするようです。 こちらは、現場での石原設計士さんの説明、手前は王道チームの菅...

大長 伸吉
執筆者
大長 伸吉
不動産投資アドバイザー

自分で間取りを描くようになる講座8

●土地を見極める 先入観を一切排除して、土地を見る事が肝心です。土地の候補が沢山ある人、気には入っていないが既に土地のある人、候補地も見つかっていない人等々、様々な状況の方がおられますが、その土地と貴方にとってベストな家は必ず存在します。建築でカバー出来ない条件は、土地・家以外の要因のものです。 駅から遠い・隣が工場・公園が無い・学校が遠い・買い物が不便・車の往来が激しいetcこれらの要因は建築で...

福味 健治
執筆者
福味 健治
建築家

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「隣地 高低差」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (36件)

  • コラム

    (8件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索