「遺族年金」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

真山 英二
真山 英二
(不動産コンサルタント)

正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)

カナダにいらっしゃい!

岩川 昌樹
岩川 昌樹
(ファイナンシャルプランナー)

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)
大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

閲覧数順 2019年05月23日更新

「遺族年金」を含む検索結果一覧

782件が該当しました

利用者からのQ&A相談

資産運用について

現預金が2000万あり、資産運用を検討しています。・30代夫婦 未就学児2人(妻は3年後に復職予定)・生活防衛資金と住宅購入資金を除いて2000万あります。5名のFPさん(内2名はIFA)に相談し、ライフプラン表から、老後資金の準備が必要との事で、・長期用積立(老後資金)・短期用一括(5年程。現時点で妻は無職であり、全額を長期に回すのは心配な為、短期も組み込みたい)の二種類で運用したいと思っていま...

回答者
荒川 雄一
投資アドバイザー
荒川 雄一

保険加入

家族構成私36歳年収550万円妻31歳年収350万円生後半年の女の子一人。住まいは賃貸で7万円、その内3万円は会社から補助が出てるので実質4万円。お小遣い夫婦で月に6万円。貯金は200万円。ゆくゆくは自宅購入を考えてます。生命保険、医療保険に関して子供が産まれ落ち着いたこともあり現在の夫婦で共済私4000円妻2000円の掛け捨てから他の保険も追加して入ろうかと考えてます。有力なのは東京海上日動のメ...

回答者
森本 直人
ファイナンシャルプランナー
森本 直人

早急回答願m(__)m:母を世帯分離したまま社会保険に入れられるか

世帯分離の母と2人暮らしです。転職をきっかけに母を扶養に入れるか検討しています。扶養にするにあたってのメリット、デメリットを教えてください。先々、母が入院した場合の事を想定して、世帯分離したまま、税法上の扶養、社保扶養に入れることができるのか?デメリットがないようにする為には、何かベストかが知りたいです。母(68歳、老齢基礎年金73万円.遺族年金〈寡婦〉受給64万円、年金から国保.介護保険料を天引...

回答者
山宮 達也
ファイナンシャルプランナー
山宮 達也

年金受給者との入籍、年内に入籍するか、年明けに入籍

長年内縁関係だった年内受給者の方(87歳)と私(57歳)の入籍についてお教えください。年内、年明け、入籍する時期により、各種税金が変わるのものでしょうか。また、夫が死亡した場合は、遺族年金を受ける事が出来ますでしょうか。

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

資産運用について

42歳女性の会社員です。今年に第一子を出産しました。高齢出産でもあり子供のために貯蓄、老後の資金が必要だと思いますがどのようにしてお金を増やしていけばいいのか悩んでいます。無料保険相談ではアクサのユニットリンク10年払い込み 5万円/月を勧められました。話を聞いている分にはメリットばかり言われたので契約する気持ちになっていたのですが、自宅に帰ってユニットリンクについて調べるとあまりお勧めしない保険...

回答者
荒川 雄一
投資アドバイザー
荒川 雄一

専門家が投稿したコラム

死後離婚を選ぶ意味は?

近年、夫や妻が亡くなった後、配偶者側の親族(姻族)との関係を法的に解消する姻族関係終了届を提出する人が増えています。 3親等以内の姻族は民法上の親族で扶養義務などが生じますが、届け出れば離婚と同様、親族関係がなくなります。 これを死後離婚といいます。 自治体窓口に配偶者の死亡を証明する戸籍謄本などを持参し、書類に押印するだけで手続きは完了します。 親族側は拒否することができず、通知もされま...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

遺族年金と死亡保険

  遺族年金は、国民年金または厚生年金に加入されていた方が亡くなったときに、その方によって生計を維持されていた遺族が受け取ることができます。遺族年金には「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」があります。 1)遺族基礎年金 遺族基礎年金は「子のある配偶者」または「子」が受け取ることができます。 ※子とは、18歳になった年度の3月31日までの間にある子(受給要件を満たした被保険者が死亡した当時、胎児...

辻畑 憲男
執筆者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

生命保険見直しのポイント

  「新商品がでたから保険を見直しませんか?」と営業の方からよく電話がありませんか。保険は家電製品と違います。新商品が出たからと必ずしもいいとはいえません。なぜなら、人は年をとるからです。保険は確率から作られているので年をとると死亡のリスク、病気になるリスクが高まります。すなわち保険料が高くなるのです。よって、新商品がでたからと必ずしも保険を見直したほうがいいとはいえません。ただ、生命保険を見直さ...

辻畑 憲男
執筆者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

遺族年金、18億円の過払い

1万人のサンプル調査で、過払いは1,000人、つまり10%がヒット。そして、その金額は18億円。(毎日新聞の記事はコチラ)。 10%と聞くと、多いような気もするし、残りの90%は真面目な人たち。真面目は間違い無いとは思うのですが、では10%の人たちは? そもそも、遺族年金の手続きをする時に、「どんな時に、受給資格を喪失するのか?失権するのか?」という説明を受けた記憶は、私にはありません。また、...

大泉 稔
執筆者
大泉 稔
研究員

10年短縮年金のポイントと注意点

1.2017年8月より老齢年金の受給資格期間が10年に短縮 今までは老齢年金を受取るため25年という受給資格期間が必要だったが、今月より10年に短縮される。 この制度改正によって新たに年金を受取れるようになった人は、規定年齢(原則65歳)に達している人だけで約64万人。 さて、その老齢基礎年金の受取額だが、年金保険料を納付した期間で決定される。    この受給資格期間は以下の3種類...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

「確定拠出年金」に関するまとめ

  • 確定拠出年金(401k)の運用方法を学んで自分の力で年金額を増やしましょう!

    最近多くの企業で導入されている確定拠出年金(401k)。いきなり確定拠出年金の導入が決まって、慌しく運用を始めてしまった方いませんか?せっかく確定拠出年金の運用をすることになったのですから、運用時の注意点や確定拠出年金のメリット、節税方法方法を理解して年金額を増やしましょう。 多くの専門家がオススメしている確定拠出年金(401k)。自分で資産を増やせるチャンスです!

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「遺族年金」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (600件)

  • コラム

    (182件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索