「軽犯罪法違反」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

お金の相談10000件以上!ここで培った経験が自信です!

岩川 昌樹
岩川 昌樹
(ファイナンシャルプランナー)

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)

カナダにいらっしゃい!

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)
中島 敬仁
中島 敬仁
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2019年05月25日更新

「軽犯罪法違反」を含む検索結果一覧

13件が該当しました

利用者からのQ&A相談

スタンガン

私はあることがきっかけで、警察に保護されました。しかし、私はスタンガンを持っていました。保護していただいた先の警察署内でそれが見つかり、軽犯罪法違反となりました。先日、検察庁から呼び出しの通知をいただきました。こういったことは初めてなので不安です。もちろん、犯罪を犯そうとして携帯していたのではないですが、防犯にしては過ぎたものだと反省しております。検察庁では一体何をするのでしょうか。また、この件に関して有罪(という表現が正しいのでしょうか)になった場合、私はどうなる可能性があるでしょうか。

回答者
奥村 徹
弁護士(大阪弁護士会)
奥村 徹

軽犯罪法違反について

従業員の更衣室で盗撮をして警察で取り調べなどを受けました。軽犯罪法違反という罪名を言われました。この先、検察庁から呼び出しなどあるのでしょうか。その際、どのような罰が考えられるのでしょうか。また、検察庁からの呼び出しは電話でしょうか、郵送でしょうか。郵送だとしたら、普通郵便としてきますでしょうか。私は転居届を出しており、転送不要で送られたりするのではないかと不安です。

回答者
安達 浩之
弁護士
安達 浩之

軽犯罪法の警察側からの1回目の接触について

初めて書き込み質問させて頂きます。私の親族がこの度、軽犯罪法違反と言う罪状で警察の方から取調べを受けました。犯した罪は追いかけと盗撮と軽蔑に値するものですが、少し話を聞いていて疑問に思ったことがありましたのでご意見を伺いたく書き込みさせて頂きました。その親族の話では一回目の接触からいきなり会社に警察の方が5、6人が来てその内の二人が店内に入ってきて奥の部屋で店長と話し呼ばれて問い詰められ、車などを...

回答者
大塚 隆治
弁護士
大塚 隆治

起訴について。

先日、新宿路上で職務質問され、鍵に付けていたツールナイフ(刃渡り4cm)が軽犯罪に当たるとして事情聴取・調書作成されました。指紋と写真もとられました。その時の警察官はとても丁寧な対応をしてくれ、全ての手続きは1時間程度で終了。調書に反省文のような内容も入れてくれました。また、「書類は検察庁に送るが軽微なので99%不起訴で終わると思う。前歴にはなるが、今後同じようなことをしなければ問題ありません」と...

回答者
大塚 隆治
弁護士
大塚 隆治

今後について

私は無職の30代の者で、実際に住んでいる場所(住所)は自宅です。私は女子中学生の後ろを付けてデジカメで写真を撮ってしまいました。(歩いている後姿1枚で、スカートの中等は撮影してません)それまで、私は、今まで前科、前歴はありません。通報で駆けつけた警察官に職務質問され、軽犯罪法違反として逮捕ではなく検挙され、その日の内に母親が身元引受人として呼ばれ、今後は厳しく監督する旨の書類に捺印して私は解放され...

回答者
羽柴 駿
弁護士
羽柴 駿

専門家が投稿したコラム

ESTA渡航認証で入国拒否となる「不道徳な行為に関わる違法行為」

日本は、米国のビザ免除プログラムの対象国になっています。したがって、日本人は、原則的に米国に入国するためにビザ(査証)を取得する必要はありません。しかしながら、米国はテロ防止対策の強化から入国審査基準を厳格化しており、ESTA(Electronic System for Travel Authorization)渡航認証というシステムを導入しています。米国大使館のウェブサイトは、ESTA(渡航認証...

今林 浩一郎
執筆者
今林 浩一郎
行政書士

ステ看板に購入する物件はない!・・・その1

【ステ看板とは?】 ステ看板とは、いわゆる「電柱看板」です。 よく街を歩いていると電柱に 右記の写真のような看板を 見かけたことはございませんか!?? 「そうそう良くある・・・」 と思われた方が多いのではないでしょうか? 最初に断っておきますが、これは完璧に「法律違反行為」です。 電柱に許可なく看板を張るのは軽犯罪...

藤森 哲也
執筆者
藤森 哲也
不動産コンサルタント

「知的財産権」に関するまとめ

  • 知的財産権って何?基本事項や疑問について専門家が解説します

    皆さんは「IP」という略称を耳にすることはありませんか。近年様々な言葉の略称として用いられていますが、そのうちの1つに知的財産権(Intellectual Property)があります。
    知的財産権とは商標権や特許権など無形財産に関する権利の総称で、五輪のロゴ問題を始め話題にならない日はありません。ここでは知的財産権についての基本的なことや疑問の解消に役立つ専門家の解説をまとめました。

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「軽犯罪法違反」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (11件)

  • コラム

    (2件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索