「軽犯罪」の専門家コンテンツ 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

小谷田 仁
小谷田 仁
(歯科医師)

約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2022年06月27日更新

「軽犯罪」を含む検索結果一覧

10件が該当しました

利用者からのQ&A相談

異常性癖を持っている自分が恐ろしくて仕方ありません。

私の性癖が物凄く恐ろしく不安です。私には、「映画や漫画で女性が殺害されるようなシーンに性的興奮を覚える」といった異常性癖があります。私は現在19歳ですが、幼少の頃から特撮番組等のそういったワンシーンに身体が反応していました。今まで一度も現実でそのような事をしよう、したい等と考えた事は無かったのですが、自分の性癖の異常さを意識し始め「このままではいつか自制が効かなくなって犯罪を犯してしまうのではない...

回答者
シェシャドゥリ(福田)育子
メンタルヘルスコンサルタント
シェシャドゥリ(福田)育子

スタンガン

私はあることがきっかけで、警察に保護されました。しかし、私はスタンガンを持っていました。保護していただいた先の警察署内でそれが見つかり、軽犯罪法違反となりました。先日、検察庁から呼び出しの通知をいただきました。こういったことは初めてなので不安です。もちろん、犯罪を犯そうとして携帯していたのではないですが、防犯にしては過ぎたものだと反省しております。検察庁では一体何をするのでしょうか。また、この件に関して有罪(という表現が正しいのでしょうか)になった場合、私はどうなる可能性があるでしょうか。

回答者
奥村 徹
弁護士(大阪弁護士会)
奥村 徹

同じ軽犯罪を二度犯した場合

はじめまして。先日、小型のツールナイフ所持で警察につかまってしまいました。刃渡り5.8cmのものです。恥ずかしながら数年前にも同じくツールナイフ所持で軽犯罪として捕まったことがあります。前回の時は車に積んでいたもので、工具としての用途で所持していました。その時は警察署で調書などを取り、そのまま帰宅しその後もなにもなく終了しました。今回の2度目の時はポケットに入れていたものを見つかり、理由としては出...

回答者
安達 浩之
弁護士
安達 浩之

軽犯罪

友人がひったくりにあったと嘘の通報をしてしまいました 前の日に財布を落としてしまいそれを夫に言えなくてひったくりにあったと言えば多少は怒られずに済むと言う軽い気持ちからでした 通報してすぐに嘘だとばれ連行されましたが夫が身元引き受けになり帰れました 警察の調書も終わり検事さんから呼び出しがきたらしいのですが 彼女は今執行猶予中で今年で終わります 凄く反省していますが 執行猶予取り消しはありますか?...

回答者
安達 浩之
弁護士
安達 浩之

起訴について。

先日、新宿路上で職務質問され、鍵に付けていたツールナイフ(刃渡り4cm)が軽犯罪に当たるとして事情聴取・調書作成されました。指紋と写真もとられました。その時の警察官はとても丁寧な対応をしてくれ、全ての手続きは1時間程度で終了。調書に反省文のような内容も入れてくれました。また、「書類は検察庁に送るが軽微なので99%不起訴で終わると思う。前歴にはなるが、今後同じようなことをしなければ問題ありません」と...

回答者
大塚 隆治
弁護士
大塚 隆治

専門家が投稿したコラム

店舗の万引き対策

 平成27年の万引きの認知件数は117,333件で、前年より3,810件減少していますが、軽犯罪認知件数に占める万引きの割合は上昇傾向にあり平成27年中は10%に達し、窃盗全体の約14.5%を占める重大な問題となっております。  万引きは、少年少女をイメージしがちですが、認知件数に占める高齢者(65歳以上)の割合は35%を超え深厚な問題となっています。 ■店舗での万引き発見着眼点 ※万引き...

坂井 利行
執筆者
坂井 利行
探偵

今、日本で起こっている事

今回の地震に関しても、世の中には色々な観方があります。 以下、転載記事です。 ☆_(_☆_)_☆     4月15日、参議院で“国民発言禁止法”が可決・成立 カレイドスコープさんのサイトより http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4319.html <転載開始> マスコミの「熊本大地震報道」一色の間隙をぬって、4月15日、参議院で“国民...

大園 エリカ
執筆者
大園 エリカ
クラシックバレエ教師・振付家

空き家問題とブロークンウィンドウ理論

 空き家問題は最近特にクローズアップされ、7月下旬に発表された総務省の2013年の住宅・土地統計調査の結果によると住宅の全国総数6063万戸のうち820万戸が空き家(マンションなどの共同住宅の一室も含む)で、5年前の前回調査から63万戸(8.3%)増加し、総住宅数に占める割合(空き家率)も最高の13.5%に増加したようです。将来的には総戸数は6600万戸で打ち止めになりますが、空家はどんどん増加し...

田井 能久
執筆者
田井 能久
不動産鑑定士

まず目に見える小さな所から変えてみる‏

  オンライン上のあるコラムを読んでいたところ、現場力を組織の力に高めるという視点で、ニューヨークの治安改善に関する話が書いてありました。   そもそもは地下鉄の凶悪犯罪の抑制が発端のようですが、「ブロークンウィンドウ(割れ窓)理論」といって「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」という理論に基づき、第一弾として地下鉄の治安...

小笠原 隆夫
執筆者
小笠原 隆夫
経営コンサルタント

犯罪の予兆のマーキング

住宅やマンションを購入し、生活を始めてから色々と気付く、 利便不便や地域性、物件の長所短所がありますが、 新居で生活を始めるにあたって、気になることの中には、 その地域での犯罪発生件数や犯罪の種類、物件のプランや 立地状況による防犯性など、治安に関することもあると思います。   小さいお子さんや女性の多い家族構成なら、痴漢や引ったくり、 不審者の多い所は不安が大きいと思いますし、共働...

藤森 哲也
執筆者
藤森 哲也
不動産コンサルタント

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「軽犯罪」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (5件)

  • コラム

    (5件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索