「社宅」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

宮里 恵
宮里 恵
(ファイナンシャルプランナー)

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

30年の経験を活かし、不動産を通じてあなたを幸せにします。

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)
深澤 熙之
深澤 熙之
(建築プロデューサー)

閲覧数順 2019年06月18日更新

「社宅」を含む検索結果一覧

381件が該当しました

利用者からのQ&A相談

50歳での住宅ローンについて

初めまして!主人は47歳、私は32歳、子供が4歳と0歳です。主人の年収は400万、私はパートで100万ぐらいです。貯金は300万ぐらいですが、もう少し貯めて50歳ぐらいから75歳までの25年ローンの住宅ローンを、考えています。田舎で、土地はあり、1500万円ぐらいの借入を考えています。今後、子供が大きくなったら教育資金も増えることですし、住宅ローンは可能でしょうか?年齢のこともありますし、すぐに住宅ローンを組む方がいいでしょうか?

回答者
渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー
渡辺 行雄

福利厚生 借り上げ社宅制度について

働いている会社の福利厚生の一つである借り上げ社宅制度について、男女差別ではないか?男女雇用機会均等法に反しているのではないか疑問に思ったのでご回答宜しくお願い致します。当方:女性(26歳)地方商社勤め 住民票上の世帯主であり後述の理由から夫が無職のため1年前から彼を扶養に入れています夫:25歳 指定難病により透析治療を要するため現在無職 障害者手帳3級保有男性社員は借り上げ社宅制度を利用すれば、世...

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

大阪・名古屋圏でアパート建築を相談できる業者様を探しています

お世話になります。東京で不動産業を営んでいる者です。私のお得意様先で、大阪および名古屋で自社使用する社宅の建築を希望されているお客様がいらっしゃいます。しかし、私どもも東京が拠点であり、建築関係で提携先がございませんため現地でお付き合いができる設計・施工の業者様を探しております。お得意様先も最終的には社宅を利回り物件として流通させることを目論んでおり、コスト優位性がある提案を頂戴できると一番望まし...

回答者
竹内 隼人
建築プロデューサー
竹内 隼人

不動産投資を個人事業主、合同会社どちらで始めるべきか

不動産投資を個人事業主、合同会社どちらで始めようか迷っています。判断基準は、どちらの方がキャッシュフローが得られるかです。条件は以下の通りです。・私は会社員で源泉徴収票の支払金額は1,600万円、退職まで10年、今後は減っていく・購入予定物件はマンションで3,500万円程度、家賃は月15万円を想定・購入金はすべて自己資金、今後も融資を受ける考えはない(節税を最大限行いたい)・今後も同程度の物件を最...

回答者
野口 豊一
不動産コンサルタント、FP
野口 豊一

退職後の段取りについて

よく分かっていないので質問が分かりにくかったら申し訳ありません。2017年2月に入籍予定で、5月に夫の会社の社宅に引っ越し、7月に私が退職予定です。(正社員)引っ越して遠くはなりますが現在の会社に通えない地域ではないので、失業保険をもらう際は自己都合退職となります。質問は、7月末まで正社員でいて8月から夫の扶養に入れるのかどうか。年金、健康保険含め。失業保険を貰いながら新しい地で仕事を探す際は、そ...

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

専門家が投稿したコラム

現物給与として課税されてしまうことも

おはようございます、今日は東名高速道路全通記念日です。 最近は気が付くと新しい道路が出来ていて、混乱します・・・ 節税についてお話をしています。 福利厚生の活用についてお話をしています。 とても便利な福利厚生策ですが、使用方法を間違えると思わぬ弊害を生みます。 一定の基準を超えて使ってしまうと「現物給与」として給与課税されてしまうのです。 現物給...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

社宅以外の福利厚生策

おはようございます、今日は食堂車の日です。 使ったことがないかも・・・ 節税についてお話をしています。 社宅の有用性について紹介しました。 社宅以外の福利厚生策について簡単に。 ・社食 ・研修制度 ・スポーツジムというのリラクゼーション設備利用 ・保険の加入 代表的なところはこれくらいでしょうか。 これらに...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

雇用促進にも有効

おはようございます、今日は伊達巻の日です。 甘めのイメージが強いです。 節税についてお話をしています。 社宅を例に、福利厚生策を使うと「個人負担を減らせる」ということを紹介しました。 社宅ですが、最近では「雇用を確保するために活用」という事例も多いようです。 あらゆる業種において、人手不足が進んでいます。 そういった情勢の中、特に中小企業では人集...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

福利厚生策を活用すると個人負担が減る

おはようございます、今日は世界亀の日です。 亀の世界でも外来種問題は色々と問題になっているようです。 節税についてお話をしています。 福利厚生策の使い方について、まず諸々の個人負担が重いということを確認しました。 給与の形で個人に渡ると、思い個人負担が生じます。 ここで福利厚生策を上手に活用すると、個人負担を増やさずに個人側が利得を得ることが可能になり...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

小さいからこそ上手に使える

おはようございます、今日は日本人宇宙飛行記念日です。 先日、宇宙科学館に遊びに行きました。 生活費と事業の関係についてお話をしています。 社宅や保険を活用した福利厚生策について、簡単にご紹介をしました。 繰り返しになりますが、これらの策を上手に使うためには、ルールを守ることが必要です。 例えば社宅でいえば「社員から一定額以上の使用料をきちんと徴収してい...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「社宅」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (273件)

  • コラム

    (108件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索