「瓦」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

真山 英二
真山 英二
(不動産コンサルタント)

正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)

カナダにいらっしゃい!

岩川 昌樹
岩川 昌樹
(ファイナンシャルプランナー)

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)
大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

閲覧数順 2019年05月23日更新

「瓦」を含む検索結果一覧

340件が該当しました

専門家をご紹介

佐藤 真弘

エクステリアコーディネーター

「雨漏り」に特化した技術力で高性能で長く住める安心をご提供

瓦店から事業をスタート。「屋根のスペシャリスト」として、雨漏りの大きな原因となる屋根材の特性や老朽化、その原因や対策について深い知識を持っています。この知…

佐藤 真弘

玉利 恭美

建築家

密なコミュニケーションから「かたち」を

事務所を開いて25年、多くの住宅、・共同住宅・事務所ビル・商業ビルの新築・リフォームや店舗内装に関わってまいりました。より満足を得られるものを造っていくため…

玉利 恭美

利用者からのQ&A相談

ガルバリウム鋼板屋根の雨音&断熱対策

木造家屋の切妻・瓦屋根からガルバ鋼板屋根&勾配天井へ下記構造にて、改築しました。・ガルバ鋼板(NISC 遮熱対摩カラーGL:ガルバ鋼板縦ハゼ葺き)・ゴムアスルーフィング・構造合板・断熱材(ネオマフォーム45mm)・勾配天井(構造用合板9mm)室内では小雨でも天井から雨音がします。最近の集中豪雨ではイヤホンなしにはテレビを聴くことはできない状況です。また、真夏の日中には、室内温度は34度になりエアコ...

回答者
飯村 真樹
建築家
飯村 真樹

間口8.9m奥行27mと80坪ありますが狭いです。

考えている土地が、南北共に道路に面した土地で間口が狭く細長いのですが、南側を自宅玄関、北側に主人のアトリエ兼教室の入り口と南北それぞれに駐車場を作りたいと考えています。中庭も作りたいしと夢ばかりなのですが、平家作りのような二階建て・・・ベランダも欲しいけど、これからは、年を取るばかりなので生活スペースは、完全に一階にしたい私です。洗濯も一階に干したいと考えますが、狭い・・・家は、瓦の木造を考えています。良いアイデアがあればアドバイスをよろしくお願いします。

回答者
小木野 貴光
建築家
小木野 貴光

困った屋根構造について

京都市の築50年の木造家屋2階建てを2年前にリノバーションしました。これまでの切妻の瓦屋根と低い天井からガルバ鋼板屋根と天井なしの吹き抜け勾配天井へ改造しました。窓については、ペアーガラスの外窓と内窓にしました。リフォームトラブルに巻き込まれないように、評判の良い善良な工務店さんを選びました。しかし、雨音と暑さに悩まされております。具体的には、雨が降り出すと、天井からパタパタという雨音が発生し、豪...

回答者
深澤 熙之
建築プロデューサー
深澤 熙之

リノベーション後、ガルバ屋根の断熱の解決策について

京都市の築50年の木造家屋2階建てを2年前にリノバーションしました。2階部屋は、これまでの瓦屋根と低い天井からガルバ屋根と天井なしの吹き抜け勾配天井としました。使用したマテリアルは、NISC 遮熱対摩カラーGLにてガルバ鋼板縦ハゼ葺き、ネオマフォーム t45(厚45)、構造用合板(厚9)による切妻屋根構造です。改築後、約2年を経過しましたが、7〜8月の日中時間は、京都の暑さのため、2階での生活は苦...

回答者
小松原 敬
建築家
小松原 敬

リノベーション後の断熱と雨音遮断の解決策について

京都市の築50年の木造家屋2階建てを2年前にリノバーションしました。2階部屋は、これまでの瓦屋根と低い天井からガルバ屋根と天井なしの吹き抜け構造にしました。NISC 遮熱対摩カラーGL、ネオマフォーム t45を使用した切妻構造の屋根です。入居後、雨音に悩まされています。部屋に居ますと小雨がパラパラと降り出す音がすぐに分かります。本降りになるとテレビ音声をイヤホンに切り替えます。工務店さんは、雨音に...

回答者
吉田 武志
建築家
吉田 武志

専門家が投稿したコラム

【美腕講座】腕はリボンのように軽やかに✨

歩くことは生きること YURUKU®ウォーク・椅子ゆるく®︎ 考案者Norikoです。 1週間前に大阪で美腕講座を開講しました。 腕のねじれを取っていくと肩関節や肩甲骨周りの筋肉が調整され 腕がリボンのように軽やかに動くようになります。 そうなると腕の振りで脚を前に出すことが容易になります。 逆に腕がねじれていると体にブレーキがかかります。 そのまま歩くと脚までねじっていくことになります。...

Noriko
執筆者
Noriko
マスターウォーキングインストラクター

いきなり始まりました。

じっとその時を待っていたのですが、遂にその時が来ました。ある日から工事に入る予定をたて、お客さんのお休み中に中の工事を終わらせる予定でスタンバって、遂にその日を迎えたのですが、その日の朝、足場が入るメールが朝一で携帯に入りました。。。 寄りによって一斉に業者さんが集まる日なので、駐車スペースの関係で大丈夫かなと。。。この日の朝一で近隣挨拶に行くこともあって、結構焦ってしまいましたよ。 そんな感じで...

信戸 昌宏
執筆者
信戸 昌宏
建築家

「ぐるぐるのぞく住宅模型展」 に展示されました

「ぐるぐるのぞく住宅模型展 −建築家の家づくり−」 に【Trilogy − 三部作】が展示されています。 場所 リビングデザインセンターOZONE 6F 特設会場 会期 11/6(火)まで  ※水曜日休館 【Trilogy− 三部作】は、並んで建つ3つの住宅の計画です。 3つの住宅の模型が展示されています。 【Trilogy − 三部作】について  3つに分割された...

西島 正樹
執筆者
西島 正樹
建築家

屋根材を外壁材に使うことで、素材感を味わえる材料に!見映えが生き生きと!

写真のウロコ壁のような材料は、屋根に使っている材料です。 瓦以外では日本の木造家屋で、最も多く使われている屋根材ですが、この材料を壁材として使っています。 凹凸のある外壁は、細かな影の陰影が出来ることで、素材の立体感が増し素材感の強い材料になります。 「photo by リノベーション・アパートメント」 セメントと砂を主な原材料ですが、空から降り注ぐ雨や日光を毎日ダイレクトに受け止める屋根...

小木野 貴光
執筆者
小木野 貴光
建築家

【1人旅シリーズ】スイス・フランス編vol.3 偶然も必然だ by投資スクール代表青柳仁子

こんにちは 女性向け初心者のための投資スクール ブルーストーンアカデミー代表の 青柳仁子です。 何で「月末」って こんなにばたばたするのかな、 っていつも思います。 きっと、 「月末までにやろう」 と思って溜まった仕事があるからだと 思うから、できるだけ月末に溜めないようにと思うのに、 やっぱり、ばたばたしてます。 まあ、頑張ります。 さて、このところ、 お金の話は一時休憩して、 ...

青柳 仁子
執筆者
青柳 仁子
ファイナンシャルプランナー

専門家が投稿した写真・作品

空中テラスのある家

2014/12/28 20:00
十文字 洋一
(建築家)

光庭と茶室の家

2014/12/28 19:00
十文字 洋一
(建築家)

鴻巣の曲り家

2014/06/21 20:23
中山 秀樹
(建築家)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「瓦」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (127件)

  • コラム

    (197件)

  • 写真

    (14件)

  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (2人)

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索