「流産」の専門家コンテンツ 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小谷田 仁
小谷田 仁
(歯科医師)

約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)

カナダにいらっしゃい!

寺岡 孝
寺岡 孝
(お金と住まいの専門家)
タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2020年10月22日更新

「流産」を含む検索結果一覧

196件が該当しました

利用者からのQ&A相談

妊娠三ヶ月で三人目です。

便秘がひどく困っています。食べ物や運動などで改善できることがあれば教えていただきたいです。よろしくお願いします。

回答者
福島 多香恵
ピラティスインストラクター 社会福祉士
福島 多香恵

不安です。

現在妊娠10週に入ったものです。明日、検診に行く予定なのですが、ネットで良く目にする9週の壁というのが不安です。8週4日の検診では、『何処が不安ですか?ってくらい順調なので、安心して下さい』と仰って頂けたのですが、過去に流産経験があるので不安です。長年のレスの末、不妊治療でようやく授かった命。どうしても守りたくて...一般的に良く聞く、心拍が確認出来れば一安心。流産の可能性も低くなると言うのは本当なのでしょうか?ネットには色んな情報があり不安になるだけで。どうか宜しくお願い致します。

回答者
足立 美穂
鍼灸師
足立 美穂

マイルドな不妊治療も毎月のゼロクリアが苦しいです

世の中には既に恵まれない子供たちが大勢いて、自分たちのエゴで新たな命をこの世に生み出すことはしないでおこう、と夫婦で話し合って、30代は結婚後も避妊していました。しかしながら、40歳を目前に自分の本当の心と向き合うと母親になりたい強い思いがあることを再認識し、子供のいる家庭を持ちたい、子供とともにずっと成長していきたいと思っていた気持ちを抑えていたことに気づきました。子供を持つ、ということはやはり...

回答者
川井 太郎
メディカルボディチューナー
川井 太郎

体外受精前の子宮内膜ソウハ術について

夫45歳、私33歳。結婚5年で子どもができず、昨年10月より不妊専門医にかかるようになりました。 私が黄体不全気味であることと、夫の精子が通常の3~5倍いるのに運動率が25~33%程度と低いことがわかり、普通の夫婦生活での妊娠は難しいといわれました。 自然周期で2回、刺激周期で2回AIHを行い、刺激時に一度陽性判定がうっすらと出ましたが、ホルモン値も低く、そのまま化学流産しました。 体外に進むこと...

回答者
徐 大兼
鍼灸師
徐 大兼

仕事を辞めようか悩んでます。

既婚38歳、介護施設にパートで働いています。介護職に就いて、まだ半年程です。仕事は力を入れる仕事が多く、体の動かし方がなっていないのか、腰を痛め整形外科に通院中です。また職場は40代以上の女性が、4・50人いる場所で、嫌味・陰口が激しいです。私はメンタル面が弱く(自分でも直したいとは思うのですが)ストレスがかかるとなのか、不正出血になることがあります。不正出血になるたびに婦人科に行くのですが、ホル...

回答者
松島 達也
薬剤師
松島 達也

専門家が投稿したコラム

月経・月経不順について

月経について 卵巣では、脳からの刺激によって卵子を包んでいる卵胞が育ち、排卵し、卵管を通って子宮へと運ばれます。この間、子宮では内膜が女性ホルモンによって厚くなり、受精した卵が着床する準備ができ上がります。妊娠が成立しなかった時は、この厚くなった子宮内膜は剥がれ落ちて腟から血液と共に出て来ます。これが月経です。月経は卵巣で卵胞が育つところから始まりますが、これを促す初めのサインは、視床下部か...

浅川 恭行
執筆者
浅川 恭行
産婦人科医

妊娠中の子宮がん検診について

妊娠中の細胞診で疑陽性・陽性といった場合には、子宮の入り口の部分に癌もしくは癌になる前段階の病変がある可能性があります。その場合、腟拡大鏡(コルポスコピー)で観察して悪性を疑う部分を小さく取り、顕微鏡でみて癌か否かを判定するという検査(組織診)をします。この検査をすることで多少出血がありますが、流産につながるものではありません。 組織診の結果、前癌病変である場合 妊娠中も2~4カ月...

浅川 恭行
執筆者
浅川 恭行
産婦人科医

月経・月経不順について教えて下さい

月経について 卵巣では、脳からの刺激によって卵子を包んでいる卵胞が育ち、排卵し、卵管を通って子宮へと運ばれます。この間、子宮では内膜が女性ホルモンによって厚くなり、受精した卵が着床する準備ができ上がります。妊娠が成立しなかった時は、この厚くなった子宮内膜は剥がれ落ちて腟から血液と共に出て来ます。これが月経です。月経は卵巣で卵胞が育つところから始まりますが、これを促す初めのサインは、視床下部か...

浅川 恭行
執筆者
浅川 恭行
産婦人科医

離婚という人生の転機にメイクレッスン

昨日、2級メイクレッスンを受講してくださったのは、4年前にもメイクレッスンを受講してくださったMさん(45歳)。   久しぶりにの再会でした   一般社団法人 日本セルフプロデュースメイク協会 代表で  人生を変えるメイクアップアーティストの星 泰衣(ほし  やすえ)です。    4年ぶりに、メイクレッスンを申し込んでくださったMさん。実は2ヶ月前に離婚されたそうです。    そんな人生の転機...

星 泰衣
執筆者
星 泰衣
メイクアップアーティスト、メイク講師

マタ旅はハイリスク

 最近、マタ旅という言葉が流行っています。 妊婦さんが出産前に旅行に行くという意味です。 相武紗季さんなどが雑誌でマタ旅のインタビュー記事を載せているので読んだことがある人もいると思います。 しかし、産婦人科の先生が警告しているように妊娠してからの旅行はハイリスクです。 飛行機など気圧が変化する場所にいくと、流産のリスクはとても高くなります。おまけに旅行で田舎に行けば、都会のような十分な病院施...

木村 和夫
執筆者
木村 和夫
鍼灸師

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「流産」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (91件)

  • コラム

    (105件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索