「更年期」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)

カナダにいらっしゃい!

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)

"個人支援専門" プロセスを大切にし、自信と結果につなげます

深澤 熙之
深澤 熙之
(建築プロデューサー)

閲覧数順 2019年04月19日更新

「更年期」を含む検索結果一覧

334件が該当しました

専門家をご紹介

川井 太郎

整体師/あん摩マッサージ指圧師

身体の歪みを改整してナチュラルヘルスケア&アンチエイジング!

首肩こりや腰痛、便秘、更年期障害、アトピーなどの諸症状を独自の身体分析法と手技施術で改善へ導きます。35年の歴史がある独自の整体「川井筋系帯療法」は、東京、…

川井 太郎

足立 美穂

鍼灸師

『不妊治療に東洋医学を』 自然妊娠できる体を育てます

「東洋の森」の不妊施術では、自然妊娠をすることを目標として施術しております。体は千差万別、東洋医学的立場から一人一人に合った「妊娠のための体づくり」をアド…

足立 美穂

利用者からのQ&A相談

動悸について

私は41才既婚の女性です。最近、動悸が続いています。今まで、不整脈のような指摘を受けた事はありません。年末に不規則な生活になり、年明けから1日何回か動悸を感じます。今は生活リズムが戻ったのに動悸が続いています。少し息苦しさは感じますが、特に調子の悪さを感じる事はありません。主人には、12月頭からリジンサプリ海外製、ビタミンB、ビタミンCを飲んでるのが関係あるんじゃないかと言われましたが、12月頭か...

回答者
吉野 真人
医師
吉野 真人

ほぼ毎日動悸がします。

44才女性です。今年になってから動悸を感じる日が多く、ここ1ヶ月くらいはほぼ毎日です。すぐ収まりはしますが繰り返し起こります。また、睡眠中もふと目が覚めると心臓がドクドクと強く鼓動を打っていて息苦しさもあります。毎年市町村で受けてる健診の心電図や、血圧測定は異常なしといわれてました。今年はまだ受診してはないのですが、心臓に何か問題があるのでしょうか?家族に心臓が悪い人や高血圧の人はいません。ご回答の程宜しくお願い致します。

回答者
吉野 真人
医師
吉野 真人

暴れてしまいます。

私は、夫に腹が立つと、ときどき、自分が抑えられなくなり、夫を叩いたり蹴ったり、壁や物を蹴ったり投げつけたりしてしまいます。夫に青アザが残るくらいしてしまったり、壁に穴が開いたり、電化製品を壊してしまったり、夫のスーツや服をグチャグチャにしたり色々としてきました。大きな声で文句も言います。また車から降りた夫を置き去りにしたり、電話でケンカしたときは、帰ってきても鍵を絶対にあけなかったりしてしまいます...

回答者
堀江 健一
恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー
堀江 健一

背中の真ん中と左側の痛み、寝返りが辛いです

始めまして宜しくお願いします。46歳女姓、肥満型です。更年期、うつ病もあり関係があるのか、この背中の痛みの解決法を教えて下さい3-4日前に背中が痛み始めました姿勢、猫背、長時間その姿勢が多いのですが捻ったり重い物持つ事もなく急に痛くなった感じです左腕を使おうとしたり身体を動かす時息をする時は我慢できますが寝返りがきついです。左側を上にしようとすると辛いです。その前に左側の胸にも痛みがあります胸の方...

回答者
市原 真二郎
カイロプラクター
市原 真二郎

うつ病❓更年期から背中の真ん中の痛みは来るのか?

46歳女姓、肥満型です。うつ病と更年期から背中の真ん中の痛みは来るのですか?急に背中の真ん中に痛みがあります。原因がわからず困っています。姿勢が悪い猫背で目が悪く同じ姿勢をとる事もあります。寝返りが辛く、何とかしたいのですが治療法が分からず悩んでいます。冷やした方が良いのか温めた方が良いですか?安静が良いのか?本当に迷っています胆石もあり、ピロリ箘もあり更年期障害はホットフラッシュぐらいです。更年...

回答者
足立 美穂
鍼灸師
足立 美穂

専門家が投稿したコラム

不正出血があって心配なんですが?

女性の不正性器出血の原因には、実にさまざまなものがあげられます。 何といっても一番心配なのは子宮がん(子宮頸がんと子宮体がん)でしょう。次に子宮の良性疾患である子宮筋腫、子宮頸管ポリープ、子宮膣部びらんなどが考えられます。 50歳前後には急激な女性ホルモンの低下が起こり、いわゆる更年期出血も多く見られます。また、若い方では何らかの原因で卵巣機能が低下し、無排卵の状態が続きますと、たびたび少量の...

浅川 恭行
執筆者
浅川 恭行
産婦人科医

外陰・腟萎縮レーザー治療

外陰・腟萎縮レーザー治療とは? 外陰・腟萎縮レーザー治療は女性特有の不快な症状を緩和するために開発されたメソッドで、顔のリフトアップやたるみ改善に使われているフラクショナル炭酸ガスレーザーの技術を女性器(腟壁)に応用したレーザー治療です。 腟粘膜の線維芽細胞が活性化され、新生コラーゲンが生成。「ふっくらとした厚み」や「ひだ」のある潤い豊かな腟に生まれ変わります。その結果、腟萎縮による不快な...

浅川 恭行
執筆者
浅川 恭行
産婦人科医

月経・月経不順について教えて下さい

月経について 卵巣では、脳からの刺激によって卵子を包んでいる卵胞が育ち、排卵し、卵管を通って子宮へと運ばれます。この間、子宮では内膜が女性ホルモンによって厚くなり、受精した卵が着床する準備ができ上がります。妊娠が成立しなかった時は、この厚くなった子宮内膜は剥がれ落ちて腟から血液と共に出て来ます。これが月経です。月経は卵巣で卵胞が育つところから始まりますが、これを促す初めのサインは、視床下部か...

浅川 恭行
執筆者
浅川 恭行
産婦人科医

“命をすり減らす?”男性更年期 どうすればいいの? その2

 男性更年期から脱出するために何をすればよいかの2回目です。 忘れてならないカロリーコントロール 前回ご紹介した食品を手当たり次第に食べればよいというものではありません。先に触れたようにBMIの上昇とテストステロンの減少には関連性がありますので、肥満にならないようなカロリーコントロールも大切です。 40代から何も運動をしないと、年間で約220gの筋肉量が失われます。50代では年間約450gです...

石川 ロバート・誠
執筆者
石川 ロバート・誠
健康長寿アドバイザー

“命をすり減らす?”男性更年期 どうすればいいの? その1

大切なのは、【体質改善】と【栄養】そして【運動】です。   体質改善の鍵は「パラミロン」 テストステロンを増やすには、栄養の前に体内環境を整え、体質を改善することが大切です。例えれば、雑然とモノが散らかった部屋にいくら美しい花を飾っても、部屋の雰囲気はあまり変わらないと思います。子どもの頃から合成保存料、合成着色料などを口にし、さらに不摂生な食生活で乱れてしまった体内環境を整えることこそが第...

石川 ロバート・誠
執筆者
石川 ロバート・誠
健康長寿アドバイザー

専門家が投稿した写真・作品

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「更年期」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (114件)

  • コラム

    (215件)

  • 写真

    (3件)

  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (2人)

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索