「擁壁 危険」の専門家コンテンツ 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

青砥 浩史
青砥 浩史
(モータージャーナリスト・インストラクター)

自動車の運転を理論的かつ社会的に解説できるインストラクター

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小島 雅彦
小島 雅彦
(保険アドバイザー)

一般物件・住宅火災・地震・賠償責任・労災・運送・バイク盗難

小谷田 仁
小谷田 仁
(歯科医師)
阿部 マリ
阿部 マリ
(行政書士・家族相談士)

閲覧数順 2023年01月29日更新

「擁壁 危険」を含む検索結果一覧

28件が該当しました

利用者からのQ&A相談

擁壁からの水

自宅の裏に擁壁があり、その擁壁には隙間があるのですが、その隙間の地中には水が溜まっているようで、穴を掘るとその隙間から水が出てきて、いつも湿っています。  水抜き穴はついていますが、そこからは水は出ていません。擁壁の所有者ではありませんが、このような状態なので困っています。擁壁に問題があるのでしょうか?また具体的な対応策などありましたら、教えて下さい。

回答者
齋藤 進一
建築家
齋藤 進一

傾斜地に立つアパートの危険性についてお願いします。

今度入居予定のアパートがあるのですが、傾斜地に立っており、高低差が2メートル弱くらいあります。熊本地震もあったため、そこの地盤を調べたところ弱いそうです。(震度5弱~6弱クラスの揺れ)築年数は3年で軽量鉄骨、全2戸、2階建てで、うちは2階になります。一応、不動産屋さんに地震の対策がなされているか尋ねたのですが、基本的な耐震の処置はしてありますということでした。杭は何本かは分からないそうですが、入っ...

回答者
齋藤 進一
建築家
齋藤 進一

隣接地の造成工事中に我が家の擁壁崩壊

隣の家と、我が家は1mくらいの高低差があります。隣地との間に昔からある擁壁の大谷石あり、その上にブロック3段を積んで、フェンスを建てていました。ちなみに、我が家は2年目の築浅住宅になります。そして、左右の住宅も同じような感じで擁壁が立っています。解体が始まり、その際に隣接している土地と家の境界線を跨いで、側溝があったのですがそれを取ってもいいでしょうか?と解体業者からの連絡があったので、取ってもい...

回答者
福味 健治
建築家
福味 健治

擁壁について

擁壁について、教えて下さい。裏地が山で、30年あったブロックが倒れそうになり、擁壁(1mを超える)の新設を考えています。裏山を削って擁壁を新設することは、安全性の面において大丈夫なのか、心配です。裏山を削って擁壁を新設しても大丈夫でしょうか。また、擁壁新設に当たり、申請書類は必要でしょうか。宜しくお願いします。

回答者
中舎 重之
建築家
中舎 重之

盛り土と柱状改良杭

以前、盛り土と擁壁工事について質問させていただきましたが、気になる回答があり・・盛り土した地盤への、柱状改良杭は危険なのですか?(水平対抗力?)盛り土は現状地盤より、600?程度を予定ですが。

回答者
中舎 重之
建築家
中舎 重之

専門家が投稿したコラム

宅地危険擁壁とは

(専門家プロファイルからはこちらから←) こちらは、とある丘陵地にあるマンションの擁壁 パッと見は普通の擁壁に見えますが、 二重擁壁であること 水抜き穴はあるものの、水圧がかかっていそうであること ひび割れや一部崩壊が見られること などから震災時は被害が出そうな擁壁ですね 仕事で請け負っているわけではないので、管理会社に連絡するのは余計なお世話です 被災宅地危険度判定士のノウハウが...

齋藤 進一
執筆者
齋藤 進一
建築家

「被災宅地危険度判定士」登録

(専門家プロファイルからはこちらから←) 昨日は埼玉県庁へ被災宅地危険度判定士養成講習会を受講し、登録証を頂いてきました(^-^) 埼玉県では1916名が既に登録されておりますが、1348名が役所など公的関係者で民間は未だ足りない状況です 私は既に埼玉県被災建築物応急危険度判定士としても登録してますが、実際の震災では建物の危険度だけではなく、その土地地盤の危険度も同時にお知らせする必要性...

齋藤 進一
執筆者
齋藤 進一
建築家

斜面に立つ家のような高低差を楽しむ家 クライアント物語編(2/3)

家を建てるために!これだけは!(第57話)            ≪ステップ8≫【事前工事】 土地にかかる費用って?まだまだあるの?  クライアント物語編(2/3)   ~斜面に立つ家のような高低差を楽しむ家~    設計打合せも進み、確認申請も終え、工事を着工する前に金額調整を行い、着工時の予算を決めます。  その時点で重要となってくるのが、事前工事と呼ばれる着工前にやっ...

森川 稔
執筆者
森川 稔
建築家

坂道とハザードマップの関係――三鷹市から調布市にかけて激しく降ったひょうの現場リポート#01

7月にも間もなく入ろうかという6月も末の24日午後に、三鷹にひょうが雪のように、30~40cm はあろうかというほど、道路に白くつもっている映像をニュースで目にした。 重機がまるで雪国での除雪のように、道路に積もったひょうをシャベルですくい上げ、トラックに積 み込む様子も見られた。 私の所は三鷹駅の北側になり、住所でいえば武蔵野市になるが、最寄駅は三鷹なので、こちら ではひょう等降らなかったので...

上村 美智夫
執筆者
上村 美智夫
建築家

家を建てたい! から始まる家づくりガイド #4

経験や様々なメディアから、家づくりに役立てて頂きたい情報をお届けいたします。今後の家づくりのご参考にして頂きますれば幸いに存じます! 第4回目 (2)敷地状況を把握してから土地を買いましょう。(3/3) ・日照条件・風通し・水はけなどの自然環境・・・出来れば時間帯や日を変えて、現地を観察しましょう。特に「水はけ」については、集中豪雨によって床上浸水になるなど、最悪な事態も。行政のホームページ...

葛原 千春
執筆者
葛原 千春
建築家

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「擁壁 危険」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (20件)

  • コラム

    (8件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索