「採光」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

小谷田 仁
小谷田 仁
(歯科医師)

約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

29年の経験を活かし、不動産を通じてあなたを幸せにします。

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2018年05月26日更新

「採光」を含む検索結果一覧

574件が該当しました

専門家をご紹介

樋口 好伸

建築プロデューサー

大工職の経験でDIYやセルフビルドを応援『やさしい家』を提案

大阪北摂エリアで、機能的でやさしい家づくりや庭づくりを行っています。大工職の経験で、現場を細かく判断。DIYやセルフビルドを応援します。お客様の思い出や想いを…

樋口 好伸

利用者からのQ&A相談

納戸申請について

建築士さんに頼んだ間取り図面が出来上がり、建築確認申請を控えています。2階リビング、1階居室ですが、申請上採光の面で居室にできない部屋が2部屋あります(実際には日当たりもあり居室として使うのに問題はありません)。1部屋ならともかく、2部屋も納戸申請だと通らないと建築士さんに言われ、やむを得ず1部屋は2階の一部を欠けさせ、1階の部屋のための天窓を設ける案を示されました。もともと狭い敷地のため間取りの...

回答者
斉藤 進一
建築家
斉藤 進一

間取りについて

東西に横長の土地(東西間口約14m、南北間口7.5mほど)に建築予定なのですが、北面以外は隣家など遮るものがなく、日当たりはとても良いです。隣接道路の関係上、東玄関になるのですが、一階のLDK+和室の配置に悩んでおります。和室はリビング横に置いてつながりを持たせたいのですが、東入りで素人ながらに間取りをかいてみると、キッチンがどうしても西にきてしまいます。キッチンは壁付にして小窓から採光を取り入れ...

回答者
斉藤 進一
建築家
斉藤 進一

東西の長方形 陽当たりについて

西側道路(玄関)、東側2階リビングの建売住宅(未建築)を検討しているんですが、北南共に建売が建ち真ん中の物件になります。東側には南向きの二階建ての家が建っています。日当たりがとても気になります。今は更地なので分からず、東向きは朝日が入りますが、前の住宅は勾配で高めなので影響がどれ程あるのか分かりません。簡単な説明ですが、どう思いますか?

回答者
福味 健治
建築家
福味 健治

間口8.9m奥行27mと80坪ありますが狭いです。

考えている土地が、南北共に道路に面した土地で間口が狭く細長いのですが、南側を自宅玄関、北側に主人のアトリエ兼教室の入り口と南北それぞれに駐車場を作りたいと考えています。中庭も作りたいしと夢ばかりなのですが、平家作りのような二階建て・・・ベランダも欲しいけど、これからは、年を取るばかりなので生活スペースは、完全に一階にしたい私です。洗濯も一階に干したいと考えますが、狭い・・・家は、瓦の木造を考えています。良いアイデアがあればアドバイスをよろしくお願いします。

回答者
小木野 貴光
建築家
小木野 貴光

ダイニングが暗いです。。北側トップライト検討中

注文住宅で、1か月前に竣工したばかりです。が、ダイニングが暗く、気が滅入る毎日です。北側4m道路、南側住宅ありますが、1m程下がっている土地で、2階リビングからちょうど南側の家の屋根が見えます。東側隣地の芝、西側住宅あり、南北に縦長の土地です。 間取りは三間間口で、2階北西から、トイレ、洗面所、浴室西から、階段、ダイニング、キッチン南西から、リビング、畳コーナーになっています。ダイニングが階段と、...

回答者
十文字 洋一
建築家
十文字 洋一

専門家が投稿したコラム

5月度YAHOO!知恵袋への回答

(専門家プロファイルからはこちらから←) 5月度YAHOO!知恵袋への回答 ユニットバス内の手摺りhttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13190298093 新築の外壁デザインhttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11189479891 ...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

北欧、住まいの特徴とは?(3)寒さゆえの、ほっこり空間のつくり方

北極圏にある、北欧では夏が短く、冬が長い。 短い夏を最大限楽しむ住まいの、作りかたをしています。 光を取り入れ、自然を取り入れ、屋外の座れる場所をつくり。。。。ですが、当然冬のことも考えなくてはなりません。 平日は、都心部のマンションに住み、週末は自然の中の住まいで過す習慣もある、北欧の生活の仕方。 週末だけを過す、ウィークエンドハウスであれば、基本・夏の事を考えておけばよいのですが、郊外...

小木野 貴光
執筆者
小木野 貴光
建築家

ハイサイドライト(高い位置の窓)は覗かれないが、明るい家になる

高い位置に設置する窓のことを、ハイサイドライトと言います。 横長の窓を高い位置につけると、高い位置ですから、窓から中は覗かれません。 高い位置の窓では、太陽の光が角度をつけて室内に入って来るため、部屋の奥まで光が入り、小さな窓でも、明るい部屋になります。   高い位置の窓は採光力が大きく、道路側や隣の家の窓の位置と重なってしまう場合に、役に立ち開口部です。   【...

小木野 貴光
執筆者
小木野 貴光
建築家

1階LDKに光を落とすための小さな吹き抜け

今日は、タイトルのとおり、1階LDKに光を落とすための小さな吹き抜けをご紹介致します。 東京23区内、2階建 長期優良住宅のお住まいの施工実例です。 南側には、すでに隣の家が迫って建っており、1階LDKには、南から日の差込みは、ほとんどありません。 北東方向は、現在、駐車場になっており、午前中は、こちら側から日の光差込みますので、写真の位置に吹き抜けを設けました。 将来、駐車場にマンション...

野瀬 有紀子
執筆者
野瀬 有紀子
一級建築士 インテリアコーディネーター

北側道路の土地は不利か?

北側道路の敷地のプラン上の問題点は、眺望の確保の難しさです。 南面に他人の家の背中が見えてしまうので、眺望が開けると云った感じにはなりません。北側道路の敷地で通常の間取りを当て嵌めてしまうと、南に眺望が開ける土地にある家よりもつまらない家になってしまいます。 それ故に、通常の間取りではない思い切った発想の転換も出来るわけで、南側道路の土地よりも価格的に有利な北側道路の土地を上手に利用する事が可能と...

福味 健治
執筆者
福味 健治
建築家

専門家が投稿した写真・作品

都市の2世帯住宅/リビング

2014/11/10 11:00
堀 紳一朗
(一級建築士)

都市の2世帯住宅/リビング

2014/11/10 11:00
堀 紳一朗
(一級建築士)

国分寺の家 2階トイレ

2014/08/01 12:59
上村 美智夫
(建築家)

平塚の家 2階リビング/西側階段吹き抜け方向を見る

2014/07/31 16:21
上村 美智夫
(建築家)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「採光」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (304件)

  • コラム

    (225件)

  • 写真

    (44件)

  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (1人)

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索