「店舗兼住宅」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

齋藤 めぐみ
齋藤 めぐみ
(キャリアカウンセラー)

最後に決めるのは自分。人生に迷ったときのキャリアカウンセラー

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

27年の経験を活かし、不動産を通じてあなたを幸せにします。

小林 裕美子
小林 裕美子
(建築家)

イタリアの素材や生活様式も取り入れ「和」の良さを楽しく再構築

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)
佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

閲覧数順 2017年10月22日更新

「店舗兼住宅」を含む検索結果一覧

33件が該当しました

利用者からのQ&A相談

北道路に建築する場合の日当たり

約63坪(間口約11メートル、奥行き約19メートル)土地の購入を検討しています。駅前の土地区画整理事業で開発中の地域で、利便性もよく学校も近いので大変気に入っていますが、第一種住居地域(建坪率60%、容積率200%、高度制限12メートル)であるため、南隣地(約65坪)には3階建て以上の建物が建築される可能性があるそうです。我が家は建坪20坪の総2階建てを建築予定で、北側および東西どちらかのスペース...

回答者
志田 茂
建築家
志田 茂

住宅ローンの借り換えについて

お世話になります。義姉夫婦のことでご相談させていただきたく思います。購入時に30年住宅ローンを組んでおり、現在10年経過しております。現在の借入残高が2000万円、毎月の返済額が20万円です。義姉が62歳、その夫が60歳、共に美容師で、住宅とは別に店舗を借りて美容院を経営しています。このたび他でお借りしている店舗を引き払い、自宅の一部に美容院を移転したいと考えております。と同時に、毎月の住宅ローン...

回答者
上津原 章
ファイナンシャルプランナー
上津原 章

金利の異なる2つの住宅ローン返済について

こんにちは。経緯を説明しますと、私には結婚する前に、2年前に購入した都内の中古マンションのローンが残っています。金利は0.95%の変動で、あと33年約2,100万円残っています。この度、主人の職場の近くに、店舗兼住宅とするために、古家付土地を購入し、リフォームすることにしました。リフォーム代と土地代の8割の3,000万円、を35年で、債務者は主人、私は保証人で、住宅ローンを組みます。こちらは主人が...

回答者
渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー
渡辺 行雄

親族間の使用貸借契約について

初めて利用させて頂きます。カテゴリなど間違っていたらすいません。私の実家は250平米ほどの土地に店舗兼住宅(150平米)と、姉夫婦の家(平米は不明ですがほぼ残りの面積と思われます・名義は義兄)が建っています。先月、父が他界し、相続は母が全てを相続するというかたちで手続きしました。姉達が父の土地に家を建てて13年間、店舗も半分義兄が使用してましたが、一切の使用料を両親に支払っていませんでした。今後は...

回答者
野口 豊一
不動産コンサルタント、FP
野口 豊一

住宅ローンと私

今、住宅ローンを利用して、土地を購入し店舗付住宅を建て、新規事業を始めようと考えていましたが、事業主としての、実績も無く、収入も不安定などの理由から、住宅ローンが組めなくなっているのが、現状です。そこで、土地は、自分が現金で購入し、店舗付住宅は、姉が、セカンドハウスローンで建て、そこに、自分たちが住み、開業する。ローンは当然自分たちで払い、いずれは、実績を積み、自分名義の住宅ローンで買い取るみたいなやりかたって、ありですか?無しですか?姉は、住みません。

回答者
松本 仁孝
行政書士
松本 仁孝

専門家が投稿したコラム

1-6.ターゲットとなるお客様をたくさん設定する【営業プロ指南書】

セールストーク作りはターゲット像ありきです。 契約率を上げるためには、ターゲットに合わせて事前にトークのパターンを準備しておきたい。 その為に、ターゲットとなるお客様を設定が必要です。 このようにお伝えすると「ペルソナ」を思いつく方もいらっしゃったかもしれません。 ※ペルソナとは、広告やマーケティングで活用される手法で、架空のユーザー像を詳細にわたり設定する手法です。 私...

廣瀬 孝一
執筆者
廣瀬 孝一
人財育成/セールストレーナー/プロコーチ

太陽光発電の売電収入 事業所得と雑所得の区分

平成23年度税制改正時に「グリーン投資税制」が施行され、日本全国に多くの太陽光をはじめとした再生可能エネルギー関連の設備投資が加速しました。   発電したエネルギーを売電した場合、個人でも確定申告の対象となります。   その売電収入の所得区分が事業所得になるのか、あるいは雑所得なのかはかなり大きな違いです。   太陽光のほかに風力や水力などもありますが、一番普及したのが太陽光発電です。...

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

匠でなく建主のための Before/After

都内のとある旧道沿いに佇む、間口2間ほどのシャレた店舗兼住宅です。 おしゃれな改装したんだなあ‥と ながめていると、中から女将とおぼしき中年女性が現れ、睨みつけてきます。 ぎょ!としつつ、自分が建築家であることをつげると、店内へ誘われました。 それから小一時間 彼女の愚痴を聞かされるはめになりました。 やあれ かってに作られた。使いづらい。頼んでもない、いらないものがある。 いらな...

岩間 隆司
執筆者
岩間 隆司
建築家

借地権整理事例①~曽祖父が借り受けた借地の整理

借地権整理事例①~曾祖父が借り受けた借地の処理 曾祖父の時代に、現在の地主の先々代から自営の店舗兼住宅用地として借地をし、代々借地権の店舗付住宅に住んできましたが、この度依頼人の父母も相次いで他界したため、無人の借地権付住宅だけが残こり、地代だけはそのまま払い続けてきました。 依頼人とその姉もそれぞれ結婚して独立していたため、相続で取得した借地権を財産として利用する必要性も薄く、地代を払い続け...

森田 芳則
執筆者
森田 芳則
不動産コンサルタント

結婚にまつわる節税その2~贈与税の配偶者控除

前回のコラムでご案内した通り、婚姻にまつわる節税シリーズとして、今回は生前の節税である「贈与税の配偶者控除」についてお話していきたいと思います。 民法上でもそうであるように、共有財産は相続税法上でも「夫婦の協力なくして築くことができなかった財産」として、例え夫婦のどちらか一方の名義であったとしても、それは「実質的共有財産」として夫婦双方に同等の権利があると認識します。 被相続人と家計を同...

高原 誠
執筆者
高原 誠
税理士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「店舗兼住宅」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (21件)

  • コラム

    (12件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索