「委任契約」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)

カナダにいらっしゃい!

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

沖田 将人
沖田 将人
(獣医)

地域に密着したワンランク上のホームドクターを

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2019年07月21日更新

「委任契約」を含む検索結果一覧

78件が該当しました

利用者からのQ&A相談

終活に不安

家族が無く親戚も疎遠ですがいつ事が起こるか解りません現在健康不安はありませんが何から手を付けていいか御教授お願いします

回答者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー
辻畑 憲男

違約金の相場

違約金について教えていただけますでしょうか?委任契約の受任者から一方的に、契約期間の中途で契約解除をした場合、1 委任者から違約金を要求された場合は応じるべきでしょうか?2 その場合、違約金として妥当な金額はいくらくらいになりますでしょうか?3 上記2の金額を大きく上回る違約金を請求された場合、受任者はその上回る金額については、支払いを拒否できるのでしょうか?契約の内容・1年間の契約で自動更新・違...

回答者
岡田 晃朝
弁護士
岡田 晃朝

委任契約受任者からの契約解除は可能か

ご相談をさせていただきたいことがございます。下記のような状況下で、1.受任者側から一方的に契約解除通知が可能か。2.1の場合に即時で契約解除が可能か。難しい場合はどの程度の期間を要するか。ご教示いただければ幸いです。《当事者》私(個人事業主)A社(クライアント)両者間で委任契約(請負契約ではありません)を締結《契約期間》・2018年10月1日より1年間・契約解除との希望がなければ自動更新・中途解約...

回答者
尾原 央典
弁護士
尾原 央典

業務請負契約を結んだ相手から正社員が指導を受けることについて

新たな工程を始めるにあたり、自社にノウハウが無いことからノウハウを持つ個人と業務請負契約を結び、作業を行ってもらいます。ゆくゆくは自社の正社員でも出来ればと考えており、業務請負契約を結んだ個人から自社の正社員が指導を受けることは可能なのでしょうか?それが難しい場合、どのような形(手続き)を取れば、それが可能になるのでしょうか??

回答者
小松 和弘
経営コンサルタント
小松 和弘

日本製品を海外のネットショップで販売

フランスに住んでいます。日本の商品製造会社がフランス国内向けにネット販売し、その発送を私が現地で一括して引き受けようと考えています。私は顧客との金銭取引に一切関わらず、発送代理手数料としてコミッションのみ日本の製造会社から受け取ります。小額なビジネスとなりますが、私はどのような法的身分を立ち上げるべきでしょうか?コミッションをユーロか日本円、どちらで受け取ったほうが税的に有利でしょうか?ご助言よろしくお願いします。

回答者
小松 和弘
経営コンサルタント
小松 和弘

専門家が投稿したコラム

TBS金曜ドラマ「コウノドリ」など。

こんにちは、 北海道はマラソンシーズンが終わり、雪を待つこの頃です。 後見関連の新しい案件が動き出して、調べ物をしたりなかなか落ち着かないこの頃です。 明日は生前の事務委任契約と任意後見契約について詳細まで勉強する日にしようと思います。 離婚関連以外に遺言相続や後見業務も徐々に増えつつあるこの頃です。 そんな中、今日は「コウノドリ」の放送の日でしたね。 前のシリーズから見てました。 私は男性な...

小林 政浩
執筆者
小林 政浩
行政書士

「意味の無い住所を教える様な信用出来ない人」として相手が不利になったりするんでしょうか?

ある人と金銭問題を抱えて弁護士と相談しています。相手の住所に委任契約書を送ったのですがそこには住んでいないようで契約書も弁護士の方へ戻ってきたそうで住民票から調べても分からなかった そうです。 もし相手の住所が分かって裁判になった場合に裁判の内容によっては「意味の無い住所を教える様な信用出来ない人」として相手が不利になったりするんでしょうか? 芭蕉先生より ◆もし相手の住所が分かっ...

芭蕉先生
執筆者
芭蕉先生
恋愛心理カウンセラー

建築紛争法の内容(2)

建築紛争法の内容(2) ○民事法 ○ 建築基礎知識と建築紛争への対処法  建築関連法規として、建築基準法、都市計画法、宅地造成等規制法、消防法、下水道法、水道法、住宅の品質確保の促進等に関する法律、用途に応じて、医療法、食品衛生法、駐車場法、風営法、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律などがある。  建築に関する規格として、上記の法令のほかに、JIS(日本工業規格)、木材等に...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

blog201403、建築紛争

blog201403、建築紛争 『新・裁判実務体系27 住宅紛争訴訟法』青林書院 『弁護士専門研修講座・建築紛争』(ぎょうせい刊) 『弁護士専門研修講座・建築紛争』 ぎょうせい、平成23年刊行。弁護士会での実務家による研修講義録である。 上記書籍のうち、以下の部分を読み終えました。 「Ⅱ 建築訴訟の判例と実務」 設計や監理の法的性質について、準委任契約か請負契約については、裁判例...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

blog201403、会社法

blog201403、会社法 ・證券会社の損失補てんについて、取締役に対する株主代表訴訟事件(最高裁判所第2小法廷判決平成12年7月7日、民集54巻6号1767頁) ・弥永真生『演習会社法』有斐閣 (法学教室ライブラリィ) ・笹山幸嗣『MBO 経営陣による上場企業の戦略的非公開化』 證券会社の損失補てんについて、取締役に対する株主代表訴訟事件 最高裁判所第2小法廷判決平成12年7月...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「委任契約」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (42件)

  • コラム

    (36件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索