「基礎を高く」の専門家コンテンツ 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

小谷田 仁
小谷田 仁
(歯科医師)

約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

モデルボディメイク

鈴木 豪一郎
鈴木 豪一郎
(宅地建物取引主任者)
青砥 浩史
青砥 浩史
(モータージャーナリスト・インストラクター)

閲覧数順 2021年03月07日更新

「基礎を高く」を含む検索結果一覧

11件が該当しました

利用者からのQ&A相談

1階の子供部屋についてのご意見をお聞かせください

こんにちは。現在、新築住宅計画中の者です。候補の間取りを2つに絞ったのですが、1つに決められずに悩んでおります。その悩む要素として大きいのが、子供部屋を1階にするか2階にするかです。子供は小学生低学年の女の子と男の子で、夫婦共働きの4人暮らしです。土地は、北側と東側が道路に面しており、子供部屋は東側道路に面しております。1階の子供部屋は、リビングに面した東側なので、・部屋にいても子供たちの気配が感...

回答者
斉藤 進一
建築家
斉藤 進一

水害に、そなえるには

家を立てる予定の土地が過去に浸水したことのある、区域というので、ハザードマップにのってましたどのぐらいの浸水だったのかなどはわからないので調べてはいますが、一応その辺りはハザードマップでは近くの川が氾濫したら床下浸水になる予定らしいです仮に過去に床下浸水したとなる場所に、家をたてるとなるとどのような対策をとればいいのでしょうか?また、ハウスメーカーからはこのような話を一切聞いておらず、聞いていたら...

回答者
中舎 重之
建築家
中舎 重之

大雨時の浸水について

築10年の一戸建てに住んでおります。 周りの家より基礎を低く建ててしまい 大雨時に浸水しそうになったことがあります。ローンもまだまだ残っていますが 大雨が降るたびに 自分の家が浸水するのでは、ないかと心配で夜も眠れません。素人考えでは、基礎を高くすれば 浸水被害から逃れられると考えているのですが 今ある建物の基礎を高くすることは、可能ですか? 工事価格や工事期間は、どれくらいでしょうか?また耐震性は、悪くなってしまうのでしょうか?  

回答者
小浜 貴士
建築家
小浜 貴士

45坪の土地では無理でしょうか?

45坪(10m×15m)の土地に3LDKの平屋、駐車場3台は無理でしょうか?敷地が道路より1.3メートル程高くなってます。 ビルトインガレージにして、その上に建物を載せると可能では?と設計士に相談してますが、擁壁して盛土をするので無理と即断られました。何とか平屋で作ることは可能でしょうか?

回答者
葛原 千春
建築家
葛原 千春

土地の盛り土について

畑だった土地に新築予定です。南北方向に縦長90坪近い土地の一番奥側に建てる予定です。道路は北側と西側(隣地の私道)にあり、北側の道路から水道引き込みと排水をする予定ですが、土地が道路より30cm位下がっている為、盛り土しないと排水管を通せないと言われました。その盛り土費用が建物(1,2階延べ床面積30坪)のまわりと4m幅のアプローチの傾斜分で総額80万と言われました。(水道引き込み費用は別途です。...

回答者
杉田 征陽
建築家
杉田 征陽

専門家が投稿したコラム

フラット35  建物技術基準について

建築基準法とは、建物を建築するうえで最も基本となる法律で、 一般住宅はこの建築基準法をクリアするように作られています。 しかしフラット35の融資を受けるためには、 建築基準法をクリアした物件であるのはもちろんのこと、 住宅金融支援機構が独自に定めた建物基準にもクリアしなければいけません。 それでは、住宅金融支援機構が定める基準とはどのようなものなのでしょうか。 ...

藤森 哲也
執筆者
藤森 哲也
不動産コンサルタント

ゲリラ豪雨と家探し   by不動産ドクター

ゲリラ豪雨と家探し こんにちは! 不動産ドクターです さてさて、まるで真夏のような日が続いています。 夏前になると恒例の梅雨がやってきますね。 梅雨もそうですが、最近よく耳にする ゲリラ豪雨 という言葉があります。 一極集中で100mm以上の豪雨が降ることも最近は 増えてきましたよね。せっかく買った(建てた)家が 床上浸水などの被害にあってしまったのでは目も当てられません。 そし...

鈴木 豪一郎
執筆者
鈴木 豪一郎
宅地建物取引主任者

木製床通風口

光設計の設計はいつも風通りのよい住まいを心掛けています。 地窓や欄間、引き戸、小窓といった定番の手法に加えて、 この木製の床通風口を設計の中でよく使っています。 最近ではお年寄りの建築主ご夫妻の住まいで使いました。 夏のクーラが若手で、そとの涼しい空気(敷地は高台にあるので、 夏には東南の方から風が流れてくる)を家の中に呼び込むような 工夫を望んでいました。 ...

栗原 守
執筆者
栗原 守
建築家

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「基礎を高く」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (8件)

  • コラム

    (3件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索