「参考プラン」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

30年の経験を活かし、不動産を通じてあなたを幸せにします。

山中 英司
山中 英司
(カイロプラクター)

「体は心の鏡」 体の解放は、心の解放からはじまります

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
福味 健治
福味 健治
(建築家)

閲覧数順 2018年09月24日更新

「参考プラン」を含む検索結果一覧

21件が該当しました

利用者からのQ&A相談

平屋建て35坪 車椅子生活です

リビング直結の洗面所お風呂はプライバシーがなさすぎますでしょうか?家族構成は夫婦 中1女の子 小5女の子 母親 の5人です。仮の平面図が出来上がりましたがこちらでは、添付できない?(やり方が分からないです) 洗面所からテラスに出る為に妻の希望です(妻が車椅子です)広く先生方の意見お願いします。

回答者
栗原 守
建築家
栗原 守

北むきの土地、二階リビングですが、1階の採光はどうなる?

興味深く同様の質問内容の記事を読ませていただきました。現在検討している土地が、15区画の建築条件付き土地で工務店が建てることになっています。南向きの土地が価格的に手が出せなかったので、北向き80.63平方メートル(24.3坪)、玄関が北向き(やや北西)東、西、南に同様の土地くらいの分譲がありすでに売れています。けんぺい率60、容積率200パーセント南はもちろん家が建っていますので(中二階つきの二階...

回答者
志田 茂
建築家
志田 茂

35坪、建ぺい率30%容積率100%の土地について

現在検討中の土地なのですが、制限が多くまた土地の大きさも小さいためどのくらいの広さの家ができるのかわからず、こちらでご質問させてください。南側に公道約4メートル、間口約7メートル、奥行き約15メートルで長方形の35坪の土地です。第一種低層住居専用地域、10メートル高度地区、建築基準法第22条区域、緑化区域、宅地造成法規制になっています。また第一種風致地区になっています。販売されていた不動産会社で参...

回答者
島崎 義治
建築家
島崎 義治

土地の購入について

現在、第一種低層住居専用地域で、家を建てる為に土地購入を検討しています。検討対象の土地が二つあるのですが、どちらも一長一短あるため選択が難しく感じています。住みやすい家という点ではBの方が良いかと思っているのですが、敷地延長ということで資産性が低い、売却の際に売りにくい、、、等の情報を耳にしている為、決断ができません。価格はほぼ同程度です。A若しくはBを選択するにあたり、アドバイスをいただけません...

回答者
寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント
寺岡 孝

北向きの家の採光・通風

購入を真剣に考えている土地があります。都内近郊で、新しい家は三階建てがほとんどの区域です。周辺環境、立地、大きさともにほぼ希望通りですが、唯一北側接道というのが大変気にかかっています。これから子供たちを育てて行く家ですので、明るい住みやすい家にしたいです。土地・北側道路(公道4m幅)・間口約9m・奥行約9m・約22坪の整形地隣家東西は二階建て  ただし、東の家は本土地に接する部分が一階建て。広い家...

回答者
岩間 隆司
建築家
岩間 隆司

専門家が投稿したコラム

■古家付土地で売り出すススメ

先日、6年連続7回目の富士登山に行ってきました! (去年の模様はこちら) 世界遺産になってはじめての登山ですから、 大層込んでいるのかと思いきや・・・平日の水曜、木曜ということもあり、 全く混んでいませんでした。 頂上は混んでいたかもしれませんけどね。 ・・・というのも。 今回は8回目にして初めて天候に恵まれず、 9.5合目で引き返してきたのです。 頂上間際の山小屋に宿泊...

楯岡 悟朗
執筆者
楯岡 悟朗
不動産コンサルタント

不動産業者も見落とす、物件購入の落とし穴‐【25:角地緩和が使えない角地】

不動産業者も見落とす、物件購入の落とし穴 【不確定な契約条件の注意点/角地緩和(建蔽率10%アップ)が使えない角地⑤】   今回は、建蔽率の角地緩和が利用できる土地でありながら、 緩和(建蔽率10%アップ)の利用が意味を成さないケース、 また、別の縛りで結局利用できないケースをご紹介します。   今までにご紹介した建蔽率適用の要件をクリアした物件であっても、 建物の建築には様々な法...

藤森 哲也
執筆者
藤森 哲也
不動産コンサルタント

何故、「子供部屋」と呼ぶのか?

何故、「子供部屋」と呼ぶのか? 考えてみれば不思議である。 昔の家には「子供部屋」と呼ばれる部屋はなかった。 欧米でも「子供部屋」という部屋はなく、ただBed Roomである。  〜LDK という住宅の考え方は、1951年、東大の鈴木成文教授による公団住宅51C型に始まったとされているが、その頃から住宅取得の主な動機が、およそ学齢期の子供達に個室を与えたい、というものだ...

野平 史彦
執筆者
野平 史彦
建築家

土地を購入する前に・・

先日ご相談に見えた方のお話し。その方は杉並区内に約30坪ちょっとの土地を購入されたのですが少し問題が・・。駅からも近く南傾斜地の良い環境なのですが、建ペイ率40%、容積率80%の地域なので地下階の活用(容積緩和)を考えたいところ。実際、不動産屋さんの用意した参考プランでも大きな地下階を提案しています。ところが計画する私の目からすると実際にはその通りには出来ないのです、困ったことに。先ず前面道路はち...

奥村 召司
執筆者
奥村 召司
建築家

サービス

「選択制」確定拠出年金(企業型401k)導入シミュレーション

社会保険コスト削減で労使でWINWINの制度の導入を(1人からでも可能)

カテゴリ:法人資産運用・法人保険

料金:無料

場所:出張/場所指定

三島木 英雄

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「参考プラン」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (16件)

  • コラム

    (4件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (1件)

  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索