「働き損」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)

カナダにいらっしゃい!

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)

"個人支援専門" プロセスを大切にし、自信と結果につなげます

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2019年01月16日更新

「働き損」を含む検索結果一覧

77件が該当しました

利用者からのQ&A相談

時短勤務の社会保険

現在、1日四時間、週5日の時短勤務をしております。時給は1200円で、3か月更新の長期契約です。就業先企業の年間休日が127日もあり、子供の学校行事で休むこともあるので年収としては低いです。派遣会社の社会保険の加入させられていますが、扶養に入ることは出来ないものでしょうか?今年の分は確定申告をするのですが、来年も確定申告しなければならないでしょうか?

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

業務委託 勤務日数削減

現在、某大手人材派遣会社より業務委託として数名の1チームでA社の業務を担当しております。チーム内、全員同じ派遣会社から来ており、その中に一名リーダーがおり、指揮を取っています。チーム全員がフルタイム契約をしており、時給で給与が支払われています。契約は3ヵ月毎の更新ですが、今回の更新で「予算が無い」という理由で、勤務日数を閑散期に月10日ほどに減らします、とのこと。その年収概算では、扶養を外れて社会...

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

扶養について

初めて質問させていただきます。私が働いている会社では、交通費を三ヶ月〜半年に一回、まとめて貰うという制度になっています。自宅から営業先まで直接向かう仕事になるので、会社には寄ることがないためです。営業先は毎回バラバラになっています。そこで質問なのですが、今年、何も考えずに働いたら旦那の扶養に入れなくなってしまいました。調べたところ、130万を微妙に超えており、働き損とのことでした。そこで、来年から...

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

フルパート働き損

扶養内のパートから、7.5時間のパート学校の給食員をすることになりました。扶養から外れて社保や厚生年金加入します。仕事を決めるときは、主人にも相談してOKもらいましたが、働く間際になり、7.5時間で働くと、40万近く損をするから考え直せと。私の時給は910円 学校の長い休みは収入にはなりません。主人の会社からの扶養手当は年間24万主人が計算したところ住民税なども上がるようです。私は長い目で年金も増...

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

個人事業主妻 社会保険加入パートに働き損はないですか。

似たような質問をネット上で探しましたが、いまいちピンとこなかったので教えていただきたいです。夫は個人事業主で土建国保 国民年金に入っており、妻の私は103万以下でパート勤務です。もう少し働こうと思い会社に打診したところ、月120時間勤務(年収146万超)で社会保険に入れるとの事。加入出来るのは将来的にも嬉しいのですが、141万未満ギリギリにおさえて配偶者特別控除を少しでも適用された方がいいのか悩み...

回答者
菅田 芳恵
人事労務・キャリアコンサルタント
菅田 芳恵

専門家が投稿したコラム

扶養、150万・130万円の壁

この時期にとても問い合わせが多いのが「扶養」について。これは面談の相談でも聞かれることが多いので、改めて扶養について弊社社労士の協力ももとに書きましたので、お役に立てれば幸いです。 主婦等がパート等で働く際に、「年収が130万円あるいは150万円を超えると、扶養に入れず、損をする。」という話がありますが、130万円と150万円はどう違い、これを超えると本当に損をするのでしょうか。 130万円は健康...

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

扶養のメリット・デメリット

「前回に引き続き、社会保険と『年金』のお話をしたいと思います。 会社員や公務員の奥さんのパート年収は、「扶養内にとどめるべき」「扶養を超えたら働き損」といった風潮があります。 しかし、気にせず働き、ある年収を目指すことで、受け取れる年金額が増えることを知っていますか?働いた分は、将来、年金として戻ってきます。働く期間より年金期間の方が長いのです。扶養の条件を離れ、世帯としてより多くの収入を得る...

吉野 充巨
執筆者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

扶養、103万・130万円の壁

昨年は皆様に沢山の情報提供をさせて頂きましたが、もっとも人気のあった記事が「扶養」についてだったと思います。これは面談の相談でも聞かれることが多いので、改めて扶養について弊社社労士の協力ももとに書きましたので、お役に立てれば幸いです。 主婦等がパート等で働く際に、「年収が103万円、あるいは130万円を超えると、扶養に入れず、損をする。」という話がありますが、103万円と130万円はどう違い、こ...

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

扶養、103万・130万円の壁

昨年は皆様に沢山の情報提供をさせて頂きましたが、もっとも人気のあった記事が「扶養」についてだったと思います。これは面談の相談でも聞かれることが多いので、改めて扶養について弊社社労士の協力ももとに書きましたので、お役に立てれば幸いです。 主婦等がパート等で働く際に、「年収が103万円、あるいは130万円を超えると、扶養に入れず、損をする。」という話がありますが、103万円と130万円はどう違い、こ...

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

扶養家族の「103万円・130万円の壁」って?ー扶養内で働くメリットとデメリット

こんにちは、専門家プロファイル編集部です。 マネー分野で人気なのが「扶養家族に入れますか?」「扶養に入れる範囲内で賢く働くには?」といった質問や、「103万と130万円の壁」といった内容の記事。 今回は、「扶養に入れる範囲内で働きたい」と考える方にとって関心が高いと言えるテーマ、「扶養家族」についてまとめました。   早速ですが、扶養家族についてご存知ですか?扶養家族がいるかいないか...

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「働き損」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (60件)

  • コラム

    (17件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索